名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2007/09/07

第125号【真因を見つけ出せ!】

いつも髪を切ってくれる美容師の若いお兄ちゃんと、毎回イマイチ
話が盛り上がらず、「今日もだめだったな~」と意味不明な一人反
省会をやっている整理整頓ストラテジスト、豊田礼人です。皆さん
は担当の美容師さんと盛り上がりますか?

ではでは、本日のメルマガをどうぞ!

◎ブログ書いています。↓↓↓
ブログ『サンボー豊田礼人の散歩 a GO!GO!』
http://raymac2.exblog.jp/
◎ホームページへも、是非。↓↓↓
公式サイト
『◎売上増加のキーワードは、整理整頓です』
https://www.raymac.jp

===============================
■そもそも騒動の原因は何?
===============================

朝青龍の問題が連日マスコミを賑わせています。この問題がここまで
こじれてしまった理由は一体何なのでしょうか。

朝青龍本人のほか、親方、相撲協会、理事長などいろいろな登場人物
に対してそれぞれ責任を問う声があります。

しかし、この問題がここまでこじれた原因は、朝青龍の事後の対応の悪さ
にあったと思えてなりません。どのような理由があったにせよ、地方巡業
を軽んじ、ファンと力士仲間を裏切ったことには変わりありませんからね。

この点を最大の問題点と認識しているのであれば、その方たちに真っ先
に謝罪の意を表するべきでした。そこを避けたために、裏切られた人
たちから更なる反発を受け、それを感じたマスコミが大騒ぎしてしま
ったのだ、とボクは感じます。もともとヒール(悪役)キャラですから、
余計にマスコミは興奮しますよね。

もしボクが朝青龍の個人顧問(笑)でしたら、真っ先にブログやHP、
またはFAXでいいので、ファンや力士仲間への謝罪文を書かせます。
もしくはボクが代理で書きます。できれば記者会見で顔を見せたいの
ですが、神経が衰弱しているようでしたから、できなくても仕方あり
ません。とにかく「生の声」をいち早く出すことをススメます。

お客さんからクレームを受け、こちらに落ち度があったと認めざるを
得ない場合、まず現場に出向き、顔を見ながら謝罪することがクレーム
対応の定石です。

物理的に顔を見せられないのであれば、電話、手紙などでも仕方あり
ません。ただできるだけ「ぬくもり」が感じられる方法をとるべきで
す。

ファンやお客が怒るのは、その人、その会社に期待しているからこそ、
です。その期待が裏切られたことが悲しくて、怒りに変わってしまう
のです。信じていた自分が否定されたことになりますからね。このこ
とを正しく認識せずに、慎重に対応しなかったことが、今回の朝青龍
サイドの最大のミスではないでしょうか。

===============================
■会社の中の課題
===============================

会社の中にも問題点や課題が複雑にからみあっています。こういう会
社の場合、一体何から手をつければ良いのか分からない経営者も多い
と思います。分からないから、何も行動を起こせず、そのことが問題
をさらに大きくしてしまいます。

その複雑な課題たちを整理する時に、「緊急度」と「重要度」の二方向
から分析することがあります。KJ分析とボクは読んでいます。

つまり、緊急でありかつ重要(KJ)であることから手をつけましょう、
ということですね、当たり前ですけど。しかし、中小企業の場合、KJ
であるとわかっていても、なかなかその解決に向けた取り組みができな
い場合がよくあります。

例えば、営業赤字で利益が出ておらず、かつ資金繰りに困窮している
会社の場合、コストを削減してまず無駄な現金の流出を止めることが
KJであることは明白なのに、そこになかなか手を付けないケースがよ
くあります。

手を付けない理由を聞くと、「私(経営者)が尊敬されておらず、この
状況下で無理にリストラ策をやろうとすると、社員から猛反発を食ら
う可能性が極めて高い」ということだったりします。

正直、「そんなこと言っている場合じゃないでしょ~?」と思います。
しかし、現実、身動きとれない社長さんは多いのです。

ですから、この場合、まずすべきことは、経営者が社員に受け入れられ
ることであったりします。具体策として、「経営者が社員に毎日声がけする」
とか「笑顔であいさつする」といった地味な作業から、社員とのコミュニ
ケーションを深めることに取組むのです。

このように課題解決策の順番をどう組み立てるかが、経営資源の限ら
れた中小企業にとっては非常に重要なことになるのです。

「急がば回れ」は、中小企業にとって非常に大事な視点なのです。

===============================
■自分レベルの視点で
===============================

「オマエが目標に向けて動けていない原因は何だ?!」

15年前、成功哲学とネットワークビジネスにはまっていた友人から
浴びせられた言葉です。

その時ボクは、「低血圧で、朝がツライからだ!」と答えました。
すると友人は「コレを毎日飲め!」と、見たこともないラベルが貼ら
れたサプリメントをボクに売りつけました(笑)

今では笑い話ですが、今振り返ると、結構真因を突いていたな~と
思います。確かに、朝から元気だったら、色々なことがビュンビュン
進みそうな気がします。

一般論ではなく、自分にとってのKJは何か?これを考えることはと
ても重要です。他人にとってKJであっても、自分にとってKJでな
いのであれば、実行しても意味がありません。

それを判断する基準は「戦略」と「実行性」です。そもそも戦略が無
ければ重要性も緊急性も存在しませんし、実行できる策でなければ、
素晴らしいアイデアも絵に描いた餅にすぎません。

自分の課題を整理整頓し、自分にとってのKJを見つけること。

これがとっても大事です。

あなたのとってのKJは何ですか?

週末、息子とお留守番しながら、ボクも考えてみます。

===============================
■編集後記
===============================

何歳になっても朝が弱くて、困ります。毎朝目覚ましがなるたびに
「マジかよ~?!」と目覚まし代わりの携帯電話に突っ込みをいれて
います。オカシイですよね。歳をとると朝が早くなる、と言われてい
ますが、今のところ、無いですね。眠らなくてもOKな人に憧れます。
アディダスの創始者の息子で、アディダスを世界的な企業に育てたホ
ルスト・ダスラーも眠らない人だったそうです。部下は大変だったとか。
だって、夜・休日問わず電話がかかってくるのですから。自分はいい
けど、周りの人は大変ですね。憧れますが、部下になるの避けたいで
す、やっぱり。

(第125号終わり)

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー