名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2016/02/19

第566号【最初の顧客とどう出会うか】

【最初の顧客とどう出会うか】

==============================
■最初の顧客とどう出会うか
==============================

新しく事業を始めるとき、
どうやって最初のお客様を獲得するのか、
が大きな問題になります。

 

お客様が買ってくれなきゃ、
どんな素晴らしい商品を用意しても、
どんな素晴らしい事業プランを立てたとしても、
事業は行き詰る。

 

じゃあ、どうやって最初のお客様と出会うのか?

 

これが結構難しい。

==============================
■あるハサミメーカーのやり方
==============================

先日、
僕が毎月発行する会報誌『レイマックプレス』でインタビューさせて頂いた、
サイキシザーズの斉木社長から聞いた話。

 

サイキシザーズは美容師向けハサミの専門メーカー。
小さな会社ですが、知る人ぞ知るブランドになっている。

 

ところで起業当初、
斉木社長はどうやって最初の顧客をつかまえたのか。
これが面白い。

 

斉木社長は、
まずカリスマ美容師さんを集めて「飲み会」を主催したそうです。
で、一緒に飲んで、友達になる。
それで「じゃあ、今度、ハサミ持って行きますから」
と言ってその日は終わる。

 

そして後日、昼間に美容師さんに会いに行き、
ハサミをプレゼンする、と。

==============================
■商談がスイスイ進む
==============================

この、「まず夜に会い、昼へつなぐ」というステップ。
これがすごく重要なのだそうです。

 

いきなり昼間に商談をさせてもらおうとしても、
会うのが難しいし、話もビジネスライクで終わってしまう。

 

しかし、一回、夜に一緒に飲むというステップを踏むと、
まったく反応が違う。
昼間の商談がスイスイ進むのだそうです。

 

こうして、
有名なカリスマ美容師を顧客にすることに成功し、
事業を軌道に乗せることができたのだそうです。

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

自分レベルの視点ではどうでしょうか?

 

あなたは、
どうやって最初のお客様に出会いましたか?

 

そして、今後、
どうやって新しいお客様と出会いますか?

 

お客様との出会い方の選択肢が多いほど、
受注機会が増え、
事業は発展する。

 

最初のお客様と出会ったきっかけはどんなことだったか。
それが次のお客様に出会うヒントになる。

 

そして、それらのお客様とのやり取りを、
蓄積し、
ネットや紙やリアルで発信する。

 

この発信を続けることが、
お客様を引き寄せ、
未来の自分を助けることになる。

 

お客様との出会い方をプロデュースすることも、
経営にとって重要なこと。

 

出会いを創造する。

 

応援しています。

 

──────────────────────────────
■編集後記
──────────────────────────────

一昨日はレイマック主催のセミナーでした。
今回で39回目。
あっという間のような、随分と長くやっているような、
そんな気分です。
参加者の90%以上の方が「とても面白かった!」
と喜んでくれました。
次回は5月25日です。
またこのメルマガでも告知しますので、
ご予定を空けておいてくださいね。
今週もお読みいただき、ありがとうございました!

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

レイマックプレス第156号は丹羽ふとん店五代目の丹羽拓也さんにインタビューしています。     『作ること、伝えること。両方大事。』     手作り……

>> Raymac pressバックナンバー