名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2006/03/17

第48号 あなたは捨てられるか?

===============================
■損切り
===============================

ライブドアの上場廃止が決まり、フジテレビは保有していたライブド
ア株をUSENに売却しました。いわば「損切り」をして、これ以上
損失が拡大しないように手を打ったのです。

ライブドアのように幹部が刑事告発され、上場廃止という事態にな
れば、株主は「損切り」の判断もしやすいと言えます。当面株価が上
昇するという期待は持てないので、「もしかしたら上がるかも」と
いう余計な迷いが無くなるからです。

普通の銘柄の株主は、保有している株の株価が取得価格より下落した
としても、売却すれば損が確定してしまうので、「せっかくここまで待
ったのだから、もう少しまとう。そしたらまた上昇するかもしれない」
と期待を持ってしまいます。なかなか潔く「損切り」することはでき
ません。

しかし、この「せっかくここまで待ったのだから」が曲者です。パチン
コ台にお金をつぎ込めばつぎ込むほど、この気持ちがどんどん膨らん
でしまう経験をされた方も多いのではないでしょうか?

どのタイミングで損切りするか。いわば「撤退戦略」をいかに上手に
実行するか。これが損失を最小限に止めるためにはとても重要なのです。

===============================
■撤退戦略を実行せよ!
===============================

企業の事業戦略でも同じことがおこります。コニカミノルタは今年の
1月に、創業事業である「カメラと写真フィルム事業」から全面撤退
することを発表しました。

全面撤退について、社内取締役はかなり躊躇したようです。創業以来
同社を支えてきた事業ですから、当然の反応です。しかし、社外取締
役の面々は「早く決断しないと手遅れになる」と判断し、今回の発表
に至ったそうです。

吉野家もこのジレンマの中でもがいている企業の一つです。米国産牛肉
が再び輸入禁止になり、牛丼販売を再開するめどがたちません。
「米国産にこだわって、せっかくここまで待ったのだから、もう少し
待とう!」と言っているうちに、会社がおかしくならなければ良いの
ですが・・(祈!吉野家復活!!)

===============================
■あなたは何を捨てるか?
===============================

さあ、私たちはどうでしょう?

「長くやってきたことだから」とか「親・上司に言われたことだから」
という理由で、ダラダラと続けてしまっていることはないでしょうか。

「継続は力なり」という格言がありますが、
「継続は破滅への道なり」という言葉もあります。つまり、成果が出
ていないにもかかわらず、同じやり方で物事を続けると、損失が膨らみ、
ついには破滅に至る、という意味です。

「上場廃止」というような分かりやすい判断材料がいつもあるとは
限りません。判断しづらい状況の中でいかに決断するかが大切です。

アンテナをしっかり立てて、撤退のタイミングをしっかりと見極める
ことも、成長するためには重要です。

時にはクールに自分の(自分の会社の)撤退戦略を考えてみてはいかが
でしょう?

そして「本当にやるべきこと(やりたいこと)」に集中することができ
れば、そんな素晴らしいことはありませんね。

===============================
■編集後記
===============================
WBCのアメリカ戦での不可解な判定には本当に驚きました。あんな
ことが認められるなんて、同じ人間として恥ずかしいですよ、ホント。
でも皮肉なことに、国内で今ひとつ注目度が低かったこの大会がこの
事件で俄然注目されはじめました。やはりマイナスの出来事が起こると
その反動でプラスの出来事が起こるのでしょうか。世の中上手く出来て
います。

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー