名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/08/21

16分に1人が自殺する国の未来とは?

3

先日の愛される会社プロジェクト 勉強会に参加してくれた社長さんに薦められた一冊。

その社長、経済問題に非常に詳しい方で、この本は読むべきだと教えてくれたのです。

いっしょに懇親会に出席していた人たちも本のタイトルをメモしてました笑。

これ、テレビ「サンデーモーニング]などの解説でおなじみの金子勝慶応大学教授が書いた本です。

さっそく昨日買ってきました。でも買ってきただけで、まだ読んでませんが笑。

帯には、

16分に1人が自殺!

・ここ10年の年間平均餓死者70人!

・労働者4人に1人が年収200万円以下!

・国民1人あたりのGDPランキング2000年3位→2008年23位!

と恐ろしいことが書いてあります。

僕たちは、「景気さえ良くなれば」という言葉をよく使います。しかし、景気が回復する保証などどこにもない。

むしろ、もっと悪くなるはずだ・・・と見る向きもあります。

僕としては、来年も再来年も景気は回復しないかもしれない、と思います。もしかしたら、その次の年も・・?

しかし、最後には必ず良くなる!、と思っていないと行動できません。根拠の無い楽観主義は危険ですが、絶望からは何も生まれません。

第2次世界大戦後、日本は絶望せず、前を、向いたからこそ、今日まで復興したはずです。

さて、金子先生はどういう結論を出しているのか。

この週末に読んでみようと思います。

●愛される会社になるための経営ネタ、ビジネスモデルネタ、マーケティングネタを提供する無料メルマガ
『愛される会社の法則」 も合わせてお読み頂けると嬉しいです。読者の声はこちらから。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

木曽三川電力みのかも株式会社 代表取締役

加藤慎康さん

【経営コラム】

中小企業はM&Aをどう活用するか

【書籍紹介】

『事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践』栗原康太著      

>> Raymac pressバックナンバー