名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2007/01/05

第90号【目立てばいいのか?】

あけましておめでとうございます!今年もこのメルマガともども
よろしくお願いします。今号は配信時間が遅くなってしまい、申し
分けございません。では、今年一発目、さっそく始めましょう。

==============================
■ボディスーツ
==============================

年末のNHK紅白歌合戦で、DJオズマのバックで踊る女性ダンサ
ーが、裸を描いたボディスーツを着てお茶の間に登場したことが、
大きな波紋を呼びました。私もたまたまテレビでこのシーンを見ま
したが、これ、視聴者が騒ぐだろうな、と直感的に思いました。

案の定、番組中にアナウンサーが謝罪文を読み上げ、翌日のスポー
ツ新聞は、クレーム電話が殺到したことをデカデカと報じました。

ニュース番組では、この「ボディスーツ」をNHK担当者が事前に
把握していなかったのではないかと疑問を投げかけ、NHKの管理
能力の低さを批難しています。

しかし、マスコミが騒げば騒ぐほど当のDJオズマは

「してやったり」

と思っているのではないでしょうか。

仮にこの「事件」で当人になんらかのペナルティが与えられたとし
ても(せいぜいNHK出入り禁止か)、マスコミが「DJオズマ」
という名前を発した回数やテレビに映像が流れた時間を「広告宣伝
費」に換算すれば、その代償は極めて低いと言えるのではないでし
ょうか。

そのしたたかさが見えた気がして、少しシラけた気分になってしま
いました。

==============================
■200が4000に
==============================

雪国もやしは、「高いよ」というCMを流すことで「してやったり」
を勝ち得た商品といってよいでしょう。

これは、タレントのはなわが、「雪国もやしは高いよ~」と歌うC
Mで、注目を集めた「株式会社雪国まいたけ」が製造販売している
商品です。

このCMを流すことについては、当初社長以外の社員全員が反対し
たそうです。しかし、自らの直感を信じた社長は反対を押し切り、
このCMにGOサインを出しました。

すると、消費者からのクレーム電話が殺到したそうです。反対した
社員たちは「それ見たことか」と思ったかもしれませんが、当の
社長は「予想どおり」だったそうです。

その反響の大きさと相まって、当商品を扱う店舗がCM放映後1ヶ
月で当初の200店から4000店に急拡大したそうです。なんと
20倍!

社長にしてみればまさに、

「してやったり」

です。実際には当商品は「48円」で、他商品とくらべてべらぼう
に高いわけではありません。お店で商品を手にした消費者は「なん
だ、それほど高くないね」といいながら買い物かごに入れるのでし
ょうか。

社長は、「CMでは値段が高いとは言っていない。高品質を目指し、
それを実現した会社の志が高いのだ」といっています。

確かに「めちゃくちゃ高いから買うなよ~」とは言っていますが、
「値段」が高いとは言っていません。HPで確認してみてください。↓
http://www.maitake.co.jp/05special/cm_hanawa.html

==============================
■自分レベルの視点で
==============================

人が言わないことを言う。

人がやらないことをやる。

そうすることが「差別化」になり、注目が集まる。
これは、真実でしょう。

しかし、問題はその後です。いかに集まった人(客)に対して本物
の商品・サービスが提供できるかが非常に重要です。

雪国もやしがブレイクしたのも、CMの奇抜さだけでなく、長年積
み上げた技術力を背景に開発した「高品質商品」があったからこそ
です。CMだけで目だっても、すぐにばれてしまいます。

商品力の伴わない商品では、「一発屋」で終わってしまうのです。

さて、DJオズマ。

意図的か否かは別にして、多くの人の注目を集めることに成功しま
した。ウチのオカンまでも「DJオズマ」の存在を認知しているこ
とが、お正月に判明しました。

この注目の大きさを次の展開につなげられるか、どうか。

2007年、暖かく見守ってみましょう。

===============================
■編集後記
===============================

お正月休みもあっという間に終わってしまいました。飲酒運転を避ける
ために日頃あまり飲めなかったお酒を、正月は思う存分飲みました。
おかげで少し太ってしまいました。日課にしている夜のウォーキング
も最近サボりがち。寒いけど頑張って続けなくてはいけません。小さ
い達成感が積み重なると、自分の自信につながるそうですから。今年
もこつこつ達成していきましょう。

(第90号終わり)

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

レイマックプレス第157号は株式会社Fun everyday代表の高橋 綾太さんにインタビューしています。     『ワクワクすることに挑戦しよう』   &nb……

>> Raymac pressバックナンバー