名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2005/09/30

第24号 ターゲットは誰か?

===============================
■ターゲットは誰だ?
===============================

ジョーイはロックバンドで歌い始めた。内気で自分に自信が持てなか
った彼にとって、これは事件だった。歌い続けるうちにバンドにフ
ァンがつき、マスコミに取り上げられ始めた。ジョーイは、徐々にだ
が自分に自信を持つことができるようになった。

しばらくして、ジョーイに恋人ができた。リンダという女性だった。
孤独な青春時代を過ごした彼にとって、リンダはやっと出会えたかけ
がえのない存在であった。

しかし、やがてリンダはジョーイのもとを去り、別の男と結婚してし
まう。愛する恋人を奪ったその男とは、同じバンドのギタリストで
あるジョニーだった。ジョーイは再び自分の殻にこもるようになった。

ジョニーとはそれ以来冷戦状態だったが、バンドはそのまま続けた。
ステージの上でのみ、ジョーイはすべてを忘れることができたからだ。

そして数年後にバンドは解散した。しばらくソロ・プロジェクトをこ
なした後、49歳の時ジョーイは病死した・・・・・・

先日見た「エンド オブ センチュリー」というドキュメント映画の
あらすじです。バンドはラモーンズという伝説のロックバンドで、そ
の結成から解散までの経緯を、関係者のインタビューによって構成し
たものです。ロックに興味のない方には、全く知られていないバンド
ですが、熱狂的なファンを持ち、特に業界関係者に高く評価されてい
たバンドです。

この映画を見て、ジョーイの悲しい人生を知り、とても切なくなりま
した。最愛の女性をバンド仲間にとられ、その後もいっしょにバンド
を続けなければならないつらさ。その気持ちは本人にしか分からない
でしょう。

===============================
■マーケット・セグメンテーション
===============================

この映画を見てもう一点、せつなくなったことがあります。それは、
一部の熱狂的なファンはいたものの、結局ラモーンズは商業的な成功
を収めることができず、それがバンドの求心力を弱めてしまったこと
です。商業主義や社会に反抗する音楽のはずのロックが、「売れない」
という事実の前では、たちまち無力になってしまう。バンドメンバー
が「ラモーンズは売れないんだ、と悟った」と話している様子は、と
ても悲しいシーンでした。

マーケティング戦略を立てるとき、必ず標的市場を定めます。市場全
体を一定の基準で細分化し、どの領域(セグメント)に攻め込んでい
くかを決定するのです。

その決定の際の重要事項のひとつが、そのセグメントが、満足のいく
利潤を稼ぐだけの規模を持っているかどうか、ということです。いく
ら差別化された商品だったとしても、買う人の絶対数が少なすぎれば、
ビジネスとして成り立ちません。

ラモーンズは、「シンプルで直線的なロックンロール」というコンセプ
トで市場に打って出ましたが、これを受け入れる市場は小さくて、ラ
モーンズは満足できる利潤を得ることはできませんでした。

市場が小さすぎることに気づけば、コンセプトを修正していけば良い
のですが、ラモーンズは愚直に自分たちのスタイルを守りました。そ
の結果、コアなファンはついたけれども、商業的には失敗に終わった
のです。

つまり、ターゲッティングにも失敗し、戦略の変更も行わなかったため
バンドは売れなかったのです。

===============================
■自分レベルの視点で
===============================

しかし、スタイルを貫いたことにより、「ラモーンズ」ブランドは今だ
に健在です。映画化されたこと自体ブランド力の表れだし、ラモーンズ
のTシャツがおしゃれな若者向けブランドのショップで売られていたり
します。

解散後や死後にブランド価値が高まる。音楽や芸術の世界にはよくある
ことです。

しかし、今を生きる私たちや企業にとっては、今「売れる」
ことが重要です。死んだ後や倒産後にブランド価値が高まっても意味が
ありません。

ですから、標的市場を冷静に見極めて市場参入し、環境変化に合わせて
戦略を修正していく柔軟性が、私たちには求められるのです。それらに
加えて、一貫性のあるスタイルを構築・継続していければ、より強いブ
ランドになることができます。

恋人を失ったかわいそうなジョーイ。彼もまたラモーンズと同様に柔
軟性を欠いていた男だったのだと思います。女なんて星の数ほどいる。
こう頭を素早く切り替えて、次の成功(恋)に向けて行動を起こせば、
違った人生が送れたのかもしれません。Good-Bye,Joey.
天国でも大好きな歌を歌い続けてください。

===============================
■今週の一冊 :マーケティング実践講座  須藤 実和 著
2005年6月初版
===============================
公認会計士で経営コンサルタントでもある著者がマーケティングにつ
いて書いた一冊です。基礎的なことから、専門的な分析手法まで、女性
ならではの丁寧な解説によって一気に読ませてくれます。特にサントリー
の「DAKARA」の事例は面白かったです。しかも美人です。
興味のある方はコチラカラ↓
https://www.raymac.jp

===============================
■もう一言
===============================

最近、夜に家の周りをウォーキングしてます。年間のダイエット目標が
達成できそうにもないので、あわててます。しかし、ひんやりとした
夜の街をひとりで歩いていると、今やらなければならないことがスーッと
浮かんできたりして、頭の中が整理されるのを実感できます。ダイエット
効果は未知数ですが、脳みそには良いみたいです!

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー