名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2005/08/19

第18号 マスタリーへの道(1)

豊田です。今回はお盆スペシャルということで、少し趣向を変えてお
届けしようと思います。

===============================
■本日のテーマ:マスタリーへの道
===============================

このお盆に「達人のサイエンス」(ジョージ・レナード著)という本を
読みました。この本は「マスタリー」という言葉をテーマに、199
4年のアメリカで書かれたものです。

マスタリーとは、「初めに困難であったことが、練習や実践を重ねるに
従い、しだいに簡単で楽しいものに変わっていく不思議なプロセス」
と紹介されています。

例えば、あなたがゴルフを始めたとします。最初は練習に真面目に取
り組み、ある程度うまくボールが打てるようになってきます。しかし
、その後練習すれどもなかなか上達しない時期が来ます。この時期を
「プラトー」と呼ぶそうです。このプラトーという壁にぶつかり、多
くの人は練習をやめてしまいます。

しかし、「今はプラトーの時期だ」と理解し、変わらず練習を続けた
人は、次の段階に進むことができます。そして、徐々に「マスタリー」
の道に入っていき、確かな技術を身につけることができます。

こういう経験は誰しもあると思います。努力を続けてもなかなか実を
結ばないつらい経験や、お金も時間も費やしているのに肝心の結果が
でず、途中で投げ出したくなった経験が、きっとあるはずです(中小
企業診断士試験に挑戦していた頃の私は、まさにコレ!)。

しかし、ある時突然望んでいた結果が出たりします。これは、一気に
実力が向上し、ブレークスルーが起きたのだ、と考えがちですが、そ
うではなく、プラトーの時期にも少しずつ力はついているのだそうで
す。そして、ある時「目に見える」結果として現れるのです。

現在の日本では、「結果こそすべて」という風潮があるように思いま
す。「金こそすべて」と言い換えても良いかもしれません。資本主義
ですから、お金は重要です。しかし、手っ取り早く「儲かりさえすれ
ば良い」という考え方が蔓延しすぎている気もします。「勝ち組・負
け組」という言葉が流行していることも、この考え方と無関係ではな
いでしょう。

テレビや雑誌などでは、若くして成功した経営者や、情報起業などで
短期的に大成功した人たちの情報が氾濫しています。インターネット
上では、「○ヶ月で1億稼ぐ!」とか、「寝てても稼げる○○ビジネス」
的なメッセージがどんどん流れています。また、テレビからは、宝くじ
やロト6などの一攫千金型の商品の宣伝が毎日のように降り注いできま
す。

アメリカにはこんな競馬のコマーシャルがあったそうです。弟は欲し
い物を買うために、ハンバーガーショップで働いている。それを見た
兄は、「競馬をやれば、わざわざそんな仕事なんかやらなくていいん
だ」と弟に言い聞かせる。それを聞いた弟は、焼きかけのハンバーグ
を放り出して、競馬場へと走り出す。

嘘みたいですが、現実としてこういうCMがあったのだそうです。日本
でも、ここまで露骨ではないですが、遠まわしに同じメッセージを発
信しているCMはたくさんあります。

こういう情報に生まれたときから触れている若者が、「楽して儲けた
い。それは夢じゃない」と思うに至っても不思議はありません。「汗
水たらして働くのは割があわない。もっと上手く簡単に稼げるはず」
と思うのは、必然かもしれません。

先日ある「お金持ち系」の作家の講演会に行きました。2000人は
入るであろう会場は人で溢れかえっていました。どんな人達が聞きに
来ているのだろうと思い、ふと後ろの席の人の会話に耳をすまし、聞
いてみると、どうやらマルチ関係の人達のようです。注意深く観察し
ていると、その人達の仲間はたくさん来場しているようでした。

また、会社の近くのビルの一室が毎日のように若い人達で賑わってい
て、気になったので、エレベータで乗り合わせた人に「あの部屋で何
やっているのですか?」と聞いたところ、はっきりとは教えてくれま
せんでした。後から、これまたマルチ関係の会合とわかりました。

この関係の商売の善し悪しを議論するつもりはありませんが、あの活
況と昨今の「儲けブーム」とは無関係ではないように感じました。

「頭を使えばお金なんて簡単に手に入る」

こういった考え方が、今の日本を支配しているように感じるのは私だ
けでしょうか。お金を稼ぐことは非常に重要であるが、すぐに結果を
求めすぎる風潮が強すぎるのでは?と漠然と思っていた私にとって、
この本の「マスタリー」の考え方はとても新鮮だったのです。

この続きは、また来週に。

===============================
■今週の一冊 「達人のサイエンス」ジョージ・レナード著
===============================
今週のメルマガのテーマに使わせていただいた本です。非常に共感する
部分の多い本でした。興味のある方は是非よんでみてください。そして
感想なんかを聞かせてくれたら嬉しく思います。

興味のある方はこちらから↓
https://www.raymac.jp

===============================
■もう一言
===============================
ホームページのURLを変更しました。今まではYahoo!が無料
で提供する「ジオシティーズ」というサービスを使っていたのですが、
ITに詳しい人によると、独自ドメインを有料で取得しないとダメ!
と強く言われ、このたび変更しました。ホームページの設定変更って
本当にめんどくさいのですが、気合入れてやってみました。やってみ
ると意外とできるもんですね。 是非一度遊びに来てください!
下記アドレスからどうぞ!

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー