名古屋の経営コンサルタント レイマック

Mail Magazine
無料メールマガジン(バックナンバー)

豊田礼人の基本的な考え方を
書いているメルマガです

2007/03/23

第101号【美しいブランド国へ】

===============================
■ブランド都市
===============================

都市にもブランド力があるようです。

07年3月19日の日経MJによると、京都市では、市内の景観保持
などの目的で進めている新景観政策について、関連条例が市議会で全
会一致で可決されたと報告しています。

内容は市内の建築物の高さやデザイン、屋外広告への規制強化といっ
たものだとか。

市民の一部や広告業者、不動産業者などからは強い反発が出ているそ
うですが、観光という巨大産業を抱える京都市としては譲れない条例
でしょう。市議会では、政策への理解を徹底するように決議したそう
です。

この規制強化で「京都ブランド」をより一層高めようとしているので
す。

===============================
■美しさが必要
===============================

都市のブランド力を構成する重要な要素は、「景観の美しさ」であるこ
とは間違いないでしょう。その他にも、「名物料理」や「お祭り」「名
所」といった要素もありますが、景観が美しくない街はその分ハンディ
を背負っていることは否めません。

景観が美しいと、それを見ただけで人々は心を癒され、日常を忘れる
ことができます。そうするとその景観がジワーッと心の中に染み込ん
できて、「疲れた時に思い出す」ブランドとして心に宿るのでしょう。

ブランド力のある都市はどこ?と聞かれると、真っ先に浮かぶのは、
「京都」「金沢」「高山」などです。いずれも昔ながらの建造物や街並
みを大切にしているところです。

「景観」というブランド力を高める重要な要素を守るという動きが、
先述の京都市の他にも出てきているようです。各自治体もブランド力
の重要性をしっかりと認識しているのですね。

===============================
■不思議な国・スイス
===============================

ネスレ、スウォッチ、クレディスイスなど、世界的超有名ブランドを
多数有する不思議な国、スイス。人口730万人の資源もない小国で
すが、世界有数の企業を抱え、発展した金融市場を持ち、世界中から
「ヒト・モノ・カネ」を集めることに成功しているそうです。

なんと、人口一人当たりの株式時価総額は世界一だそうです。
(「ブランド王国スイスの秘密」磯山友幸 著 より)

そのスイスに人が惹きつけられる理由の一つに、「美しい国土」がある
そうです。アルプスの谷間に広がる国土の美しさは、世界中の誰もが
認めるところです。スイスブランドは、この美しい国土に支えられて
いるという面もあるそうです。

ひるがえって日本の国土を考えると、美しい景観は確実に減ってきて
います。山は削られ、無駄な高速道路が作られ、川は真っ黒、海はど
んどん埋め立てられています。

わずか140年前に、日本はアジア有数の美しさを誇っていた、と磯
山氏は書いています。幕末に日本に訪れたスイス人のアンベールという
人が、当時の日本の美しい田園風景や竹やぶを絶賛したという記録が
残っているそうです。

「私は竹が巨大な葦(あし)のように、一つの集団となって生育して
いる姿をみる方が好きである。(中略)これ以上美しい風景はありえな
い。竹やぶは、日本の原風景のうち、最も好ましい秀作である」

===============================
■日本もがんばろう
===============================

昔は国土そのものがブランド力をもっていた国、日本。それが工業化の
進展とともに破壊され、ブランド力も弱まってしまいました。

各都市が景観を重視する動きに合わせて、日本という国自体も「美し
い景観」を取り戻すことに取組んでいって欲しいと思います。

安倍首相の「美しい国へ」には、そういうことも書かれているのか
読んでいないので分かりません。

しかし、日本の景観の美しさという大きな武器をもう一度見直すこと
で、スイスのように、小さくても自分をしっかり持った国に近づける
ことは間違いないと思います。

「美しさ」は重要なキーワードです。

自分レベルでも考えてみてください。

===============================
■今週の一冊 「ブランド王国スイスの秘密」 磯山友幸 著
===============================

本文でも紹介しましたが、スイスという小さな国の不思議で興味深い
話をレポートしてくれています。マーケティング面だけでなく、政治・
経済・文化・歴史など多角的な視点から「スイス」というブランドを
料理してくれています。ヤクザマネーとスイス銀行との関係に言及し
たりして、なかなか面白く読める一冊です。
興味のある方はコチラカラ↓
https://www.raymac.jp

===============================
■編集後記
===============================
今週末は東京へ出張です。土曜日はセミナーに出席して、日曜日はお客
さんと会う予定です。1週間前にホテルを予約したのですが、その時点
でどこのホテルも満室であせりました。1時間くらいネットで探しまく
り、ようやく1軒見つけることができました。今週末、東京で何かある
のかな?大きなイベントとか。それともいつもこんな感じなのでしょう
か?で、せっかく予約したホテルなのですが、東京で働いている友達が
泊めてくれることになったので、結局キャンセルしちゃいました(^^;)。
最初からそうすれば良かった・・・

(第101号終わり)

メールマガジンmail magazine

最近のメルマガentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

レイマックプレス第157号は株式会社Fun everyday代表の高橋 綾太さんにインタビューしています。     『ワクワクすることに挑戦しよう』   &nb……

>> Raymac pressバックナンバー