名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2011/02/25

愛される前に愛せ

僕が毎週発行しているメルマガ、【愛される会社の法則】の中で、熱狂的な支持を頂いたコンテンツを紹介します。

“熱狂的な支持”と言っても、お一人からですが笑。

【愛される前に愛せ】 

■まず、社員から愛されよう

社員から愛される会社になれば、きっとお客様からも愛される会社になるでしょう。

なぜなら、社員にとって、自分が愛している会社を発展させるために、お客様に対して最高の商品やサービスを提供しようと努力することは極めて自然なことだからです。

最高の商品やサービス及び親身な対応を受けたお客様はその会社を好きになる可能性は高い。そうなればお客様からも愛される会社になるのだ、ということです。

すると会社は潤い、給与として社員に還元できるから、ますます社員は会社を愛するようになります。資金的な余裕が生まれれば、取引業者にも利益を還元しやすくなるため、取引業者からも愛される会社になります。

取引業者から愛されれば、良質な商品やサービスを供給してもらえるため、お客様へのサービスも高まり、さらに愛されやすくなります。

この好循環を生み出せれば、会社は本当に強くなれます。

■経営者は社員を愛せ

社員から愛されるためには、まず経営者自らが社員を愛さなければなりません。

社員を愛することで、社員は自己重要感を感じることができます。自分はこの会社にとって重要なのだという感覚を得ることができるのです。

仕事をしているとつらいことも多いです。ミスをして辞めてしまいたくなることもあるでしょう。

それでも耐えて頑張れるのは、自分を重要だと認めてくれる人がいるからこそです。

経営者は、社員を愛し、認めてあげることで、社員の自己重要感を育て、仕事に対する前向きな気持ちを育てていかなければなりません。

■言葉豊かに愛を語れ

では、何で愛を示せば良いのでしょうか?お金で示せばよいのでしょうか?

確かにお金は重要です。重要ですが、全てではありません。低すぎる給料では愛は感じてもらえないですが、高ければ必ず愛を感じてもらえるかというと、そうでもありません。

お金は万能ではありません。人間は、時にもっとハートフルなものを求める存在なのです。

お金と同じくらい、あるいはそれ以上に重要なことは、言葉です。経営者は言葉で社員に愛を伝える必要があります。言葉によって、自分のコミュニケーションにこたえ、欲求を満たしてくれる人がいる、という安心感を社員に与えることが必要なのです。

この安心感こそが、「愛」の始まりです。

社員が抱えている問題を聞き、理解し、それに対する自分の気持ちやアイデアを言葉豊かに伝えることが重要です。

深いコミュニケーションを交わすことで、社員は自己重要感を満たすことができます。

自分の自己重要感を満たしてくれる人を、人は信頼し、愛するようになります。

■自分レベルの視点で

自分レベルではどうでしょう?

子育てにおいても、親が子を愛することは、当たり前ですが、とても重要なことです。

愛することで、子供は自己重要感が満たされ、安心して生活できるようになるのです。そして、自分の自己重要感を満たしてくれる親を愛するようになるのです。

自分は愛されているのだ、と感じることができれば、どんなツライ出来事があったとしても、前を向いて進むことができるはず。

自分は誰にも愛されていない、必要とされていない人間なのだと思ったら、とても生きていけません。

愛されたかったら、まず愛せよ。

子供に対しても、社員に対しても、きっと同じなのだと思います。

(参考:子供の心のコーチング 菅原裕子 著)

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー