名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2019/11/05

中傷メールがキター(笑)。

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

今回のテーマは『中傷メール』です。

 

 

 

 

 

 

以前、すごく嫌なことがありました。(週明けからネガティブな話題ですみません)

 

 

 

それは、差出人不明の中傷メール。

 

 

 

僕のことを傷つけることだけが目的の、心無い内容の悲しいメール。差出人は分からず、匿名。根拠も何もない悪意だけのメール。

 

 

 

あー俺って、こんなに誰かに嫌われているんだ・・・。

 

 

 

これを読んだときは、正直ムカつきましたよ。そしてどこの誰かも分からない人から、一方的に「嫌われている」という気味の悪さ。やり場のない怒り。そして寂しさ。

 

 

 

さすがにその日は一日中気分悪かったです。それで、奥さんに相談したんです。こういう胸くそ悪いメールが来たんだけど、どう思う?

 

 

 

すると、「あなたみたいにこういうスタイルで仕事をしていて、今までそういうメールが無かったことのほうが奇跡じゃない?」

 

 

 

おおー。

 

 

 

確かに、自分をブランディングしていくために、(そして生きていくために)ホームページなどに顔出しして、結構言いたいことをネット上で発言したり、セミナーで人様の前で(偉そうに)お話をさせて頂いたりする仕事をしているから、誰かから反感は買いやすい職業なのかもしれません。そもそも「コンサルタント」というだけで嫌う人、いますもんね。

 

 

 

反感を持たれることに身に覚えはないけど、まあ可能性としてはあるよな・・・。

 

 

 

奥さんの言葉を聴きながら、少し落ち着きました。

 

 

 

まあ、とにかく結論としては、他人の評価に振り回されず、どう思われようと、中傷されようと、自分の目標に向かって、コツコツ毎日を積み重ねるしかないですよね、という当たり前のこと。

 

 

都合よく解釈すれば、こういう「アンチ(反対派)」が出て来てこそ一人前だ、という意見もあるし。

 

 

 

嫌われてナンボじゃー(笑)。

 

 

 

そんなことより、人のことをとやかく言う前に、自分のやるべきことに集中せよ。とやかく言われても、自分のやるべきことに集中せよ。

 

 

 

過去の過ち、未来の不安、他人への嫉妬。

 

 

 

こういうものから自分を解放して、「今」に集中すること。常に、そういう自分であること。

 

 

 

思考の方向性が間違った方に行っている時、すぐにそれを修正できるようなマインド面のスキルを身に着けること。

 

 

 

これが出来る人が一番幸せだ。

 

 

 

自分の目標は、これですね。

 

 

 

さてさて皆さんの目標は何ですか?他人のことをとやかく言っている場合ではない。他人からとやかく言われて落ちこんでいる場合でもない。自分のやるべきことを、ただやるだけ。

 

 

 

ホント、それだけ。

 

 

 

応援しています。

 

 

 

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第664号2018/1/5より)※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

 

【セミナー情報】

中小企業経営者のための「価格戦略」セミナー開催

あなたは安く売り過ぎていないか?
もっと高く売れないか?
どうやって値上げをするのか?
高くても売れる方法とは?
などについてお話したいと思います。↓
今年最後。ぜひご参加ください。

【タイトル】小さな会社個人事業者のための価格戦略★基礎講座
【日時】2019年11月26日(火)19時~20:45(受付18:30)
【場所】ウインクあいち904室 名古屋駅前
【参加費】5000円(税込)RC会員は2000円(税込) RC会員とは
【お申込み】https://raymac.jp/20191126kakaku/

 

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。
ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

クロスポイント合同会社
代表社員 竹村隆行さん

【経営コラム】

超強いブランド「キューピー」から学ぶ

【書籍紹介】

『ニューヨークのアートディレクターがいま、日本のビジネスリーダーに伝えたいこと』 小山田育 他著 

>> Raymac pressバックナンバー