名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2022/08/07

モノは余っているけど「意味」が欠乏している時代に、あなたは何をどう売るのか?

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマック・コンサルティングの豊田です。

 

 

 

今日は【商品を買う時の”意味”】について考えてみます。

 

 

◆意味が必要な時代

 

 

「意味」が大事な時代になってきているみたいです。(参考「ニュータイプの時代」山口周著)

 

 

 

モノが余っている時代。だから売にくい。イイモノなんだけど、他でも似たようなものがある。取り立てて今必要でもない。だから買わない。現代の人は購買に「意味」を求めています。この商品を買う意味は何か?私が買う意味は?あなたから買う意味は?

 

 

 

モノは余っているけど意味が欠乏している時代。だから人々は意味あるものに惹かるのだ、と。

 

 

 

◆高級車に乗る意味

 

 

フェラーリが売ている。(ちょっと古いデータですが)2019年4月から6月で前年比で売上が9%増。純益で14%増だそうです。車が売ない時代。だけどフェラーリは売ている。なぜか?

 

 

 

そこに意味があるからなんじゃないか。一般道を移動するだけなら軽自動車でもいい。狭くて混雑な道では、かえってフェラーリなんて邪魔なだけ。だけどある層の人たちにとっては、フェラーリを所有し、フェラーリに乗ることに意味がある。そのためになら、大衆車の10倍の価格でも惜しくない。

 

 

 

皆さんにもそういう商品やサービスがあるかもしません。私にとってこを買うことは意味がある。こじゃなきゃダメなんですという商品が。その時、
価格のことは二の次になっているはず。ここに、令和時代の商売のヒントがあると思います。

 

 

◆働く意味

 

 

働くことにも意味が必要です。なぜ私はこの会社で働くのか?なぜこの仕事をするのか?そこに意味を感じないと、人は働く意欲を減らしてしまいます。米ギャラップ社の調査によると、日本の会社員の実に70%は「やる気がない」という結果が出たそうです。「139カ国中132位と最下位クラス」(2017年5月26日付『日本経済新聞』)だそうです。

 

 

もしこが本当ならば、日本の生産性が低いのも仕方がない。こを改善するための一つの方法が、仕事に「意味」を持たせることなんじゃないか、と思います。

 

 

自社の仕事に意味付けをする。人手不足の今、こ、経営者の重要な仕事であることは間違いありません。

 

 

◆自分レベルの視点で

 

 

自分レベルではいかがでしょうか?あなたが売っている商品には、「意味」がありますか?

 

 

 

お客様が買う際に「意味」を感じてもらえていますか?あるいは、あなたの会社(店)から買う意味、さらには「あなたから買う意味」をお客様に感じてもらえていますか?

 

 

モノが売ず、業績下降で苦しむ会社が増えていますが、こういうことを考えて来なかった会社は、今後はますます苦しくなると思わます。

 

 

 

商品やサービスに意味付けをできる会社は、社員に対しても働く意味付けをしやすいと思います。意味ある商品を売る行為は、とても意味を感じる仕事なんじゃないかな。そんな風に思います。

 

 

ぜひ考えてみてください。

 

 

応援しています。

 

 

 

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第774号を一部修正)

 

 

※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

マーケティングの基礎を学びたい人へ ↓↓↓

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

2022/08/01

仕事を頼みやすいWebデザイナー、グーマデザインの若井大輔さんにインタビューしました。

【166発目 まず、仕事を頼みやすい人であること 編】

 

バンドマンからWEBデザイナーになって活躍中のグーマデザイン、若井大輔さんにインタビューしました。

 

若井さんは大学中退後、バンド活動にのめり込むものの、仲間の結婚や就職で失速。アルバイト生活で出会ったデザインやWEBの仕事に興味を持ち就職しました。

 

 

 

サラリーマン生活は順調だったそうですが独立したい気持ちは抑えきれず、デザインとWEB制作を行うグーマデザインで起業。地元に密着して引っ張りだこのクリエイターに。

 

 

 

そんな若井さんに起業が上手くいくコツを聞いてみた。

 

 

「仕事を頼みやすい人になること」。

 

 

 

勉強になります。レイマックプレスの166号(2022年6月号)に掲載しています。またすごい経営者に会いましたー!

 

グーマデザイン https://guuma.design/
レイマックプレス https://raymac.jp/club/press/

2022/07/09

力を入れすぎると、空振りする。力が抜けるとミート率が上がる。しがみつくと逃げられる。忘れているとやって来る。

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマック・コンサルティングの豊田です。

 

 

 

今日は【しがみつくと逃げられる。忘れているとやって来る。肩の力を抜いて、手放すことの大切さ】について考えてみましょう。

 

 

◆忙しい時にこそ新規開拓を

 

 

先日、あるクライアント様の営業マンと話していて、「忙しいときほど新規開拓しなくちゃね」と彼が言っていて、ホントそうだよねと納得しました。

 

 

 

忙しいときに、「今、売上は十分あるから新規客なんていらないけど、ま、近くに来たから寄っておくか」というときほど、新規開拓は上手くいくものだということです。逆に、業績が下降してから慌てて新規開拓しようとすると、「仕事獲らなきゃ!」とプレッシャーがかかりすぎて、うまくいかない。

 

 

 

力が抜けていると、自信が満ちて見え、パフォーマンスが上がる。肩に力が入りすぎていると、余裕がなくなり、それがお客様にも伝わり、うまくいかない。こういうメンタルの部分が仕事の成果に与える影響って馬鹿にできないんですよね。

 

 

 

◆余裕がある人から買いたい

 

 

頑張った時ほど結果が欲しくなるのが人間です。こんなに頑張ったんだから、報われたい!と思うんですよね。(僕も思います)

 

 

 

でも、お客様からしてみると関係ない。一生懸命頑張っているかどうかは、当たり前で。それよりも、自分に役立つ人かどうか、自分に役立つ提案をしてくれるかどうかが大事です。

 

 

 

加えて、プレッシャーから余裕がない人よりも、どこか堂々としていて、笑顔で気持ちよく接してくれる人から買いたいですよね。

 

 

◆待てば待つほど来ない

 

 

これって、追いかければ追いかけるほど逃げていく、っていうやつです。人間関係でも、こういうことはよくおきます。待っているときほど、待ち人からの連絡は来ないのも同じ。あの企業に提案したあの案件について、連絡が来ないかな~とメールをチェックしているときは連絡は来ない。

 

 

 

そんなことは忘れて昼寝でもしている時ほど、電話が鳴ったり、メールが来ていたりします。

 

 

 

気持ちを込めて仕事をすることは大事ですが、力が入りすぎたり、しがみつき過ぎたりしていると、パフォーマンスも下がり、運もめぐってこないのかなと思います。

 

 

 

◆自分レベルの視点で

 

 

 

自分レベルではいかがでしょうか?僕たちは、肩に力が入りすぎていないだろうか?

 

 

 

仕事を得ようとするがあまり、余裕をなくし、それがお客様に伝わっていないだろうか?

 

 

 

力を入れすぎると、空振りする。力が抜けるとミート率が上がる。しがみつくと逃げられる。忘れているとやって来る。つまりこれって、未来や過去にとらわれ過ぎず、目の前のことに集中せよってことですよね。

 

 

 

来なかったあの客より、今日来てくれた目の前のお客様に全力で対応しよう。

 

 

 

そこに集中していれば、忘れたころに、あのお客様もやって来る。

 

 

 

手放そう。

 

 

 

応援しています。

 

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第776号を一部修正)

 

 

※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

マーケティングの基礎を学びたい人へ ↓↓↓

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

2022/07/01

実験実験と試していたら大企業から問い合わせが来てビックリした件

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマック・コンサルティングの豊田です。

 

 

 

今日は【大量に試して、うまくいったものを残す】について考えてみましょう。

 

 

 

◆コンサルティングあるある

 

 

 

コンサルティングをしている時の「あるある」のひとつに、「効率的に新規客を獲得する方法を教えてほしい」とか「すぐに売上が増える方法を教えて欲しい」と相手から言われちゃう、
いうものがあります。

 

 

 

その人たちは、「コンサルタントなんだから、そういうウルトラ級の技を持っているんでしょ?手っ取り早くそれを教えてほしい」という。気持ちは分かりますが、そんな方法なんてないんですよ。(すみません)

 

 

唯一あるとすれば、「簡単に儲かる方法なんてない」と理解し、失敗を恐れず可能性があるものに大量にチャレンジし続けること、です。つまり「すぐに儲けたい」という気持ちを捨てることこそ、唯一の「儲かる道」なんですよね、ということです。(なんだか禅の問答みたいですね)

 

 

 

◆大量に試して、うまくいったものを残す

 

 

世の中の成功している企業は、すぐに結果を求めずに、大量に「試す」ことを重視しています。泣く子も黙るGAFAの一角、アマゾンの成功の裏には「試す力」があったと言われています。日の目を見ている事業の背後には、大量の「失敗」があった、と。

 

 

 

ポストイットで有名な3M(スリーエム)の社是は、「試してみよう、なるべく早く」だそうです。

 

 

 

世界的名著「ビジョナリーカンパニー」の著者、ジム・コリンズ氏は、成功している企業に共通することは、「大量に試して、うまくいったものを残す」ということだそうです。たくさん試すという、一見非効率的なことに、成功のきっかけが潜んでいるのだ、と偉大な人たちは口を揃えて言うわけです。

 

 

 

◆試すコストは下がっている

 

 

実行する前に、入念に準備する。あれこれ納得いくまで調べる・・・。これはこれで意味はありますが、調べてばかりで、なかなか始めようとしない人に、時々出会います。で、何も変わらないまま時間だけが経つ・・・。(今年も半分、終わりました。)。僕の個人的な印象では、男性に多い。しかもどちらかというと高学歴の人。

 

 

 

現在は、「試すコスト」がすごく下がっている世の中。だから失敗してもそれほど損失が出ない。ゆえに、試さずにじっくり考えて損が出ないようにする、ということの意味が薄れてきているのです。それよりも「何もしないことのリスク」を知らなければいけません。

 

 

 

まず、失敗するとかっこ悪い、という思い込みを捨てることが大事、と思います。

 

 

 

◆自分レベルの視点で

 

 

自分レベルではいかがでしょうか?僕たちは大量に試し、うまくいったものを残す、ということを意識しているでしょうか?

 

 

 

僕は少し前から「印刷経営研究所」というサイトを立上げ、そこに記事をどんどん上げて、印刷会社の関係者に見てもらう、という取り組みをしています。https://insatsu-lab.com/

 

 

 

これは、業種特化型のサイトを作り、ゼロから記事を出し続け、お金をかけずに見込み客を集め、成約まで持っていく、というプロモーション策を「試して」いるのです。最初は全くアクセス数が増えませんでしたが、徐々に来訪者が増え始め、最近1件の成約を得ました。1件は商談中です。また日本を代表する広告会社の関連大企業から研修の依頼がきて、しっかり受注させて頂きました。

 

 

 

もう少し続けてノウハウをためた後、クライアント様にもシェアしていきたいと思っています。

 

 

 

最初はアクセスが増えず、問い合わせもない状態のころは、さすがに心が折れそうになりましたが、「これは実験なのだ」「僕が率先して試すのだ」と己に言い聞かせ、記事をアップしていました。少し報われました(笑)。とりあえずサイトの製作費はペイできたので、今後は少し緩めて、楽しく続けていきたいと思います。

 

 

 

皆さんもぜひ、いろいろと試してみてくださいね。「実験!実験!」が合言葉。

 

 

 

どれだけ得られたかよりも、どれだけ試したか、をKPI(重要業績評価指標)にして。

 

 

 

応援しています。

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第771号を一部修正)

 

 

※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

マーケティングの基礎を学びたい人へ ↓↓↓

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

2022/06/18

ほうれん草農家、あす菜の水野博さんにインタビューしました。

【165発目 ちょっと高いけど、めちゃくちゃおいしいほうれん草作っています 編】

 

塾経営者から農家に転身(変身?)し、枠にはまらない美味しいほうれん草や枝豆を作って販売するあす菜の 水野 博さんにインタビューしました。

 

 

農業の始め方、農協との付き合い方やルール、農作物のブランディングの方法など、普段は聴けない話を根掘り葉掘り聴かせて頂きました。

 

 

塾も農業も「育てる」という点では同じこと。今は野菜を育て、ブランドを育てる水野さんの半生と、これからの野望をお聞きし、いつものことながら、聴いている自分が一番刺激を受ける取材となりました。

 

 

農業起業家として生きていくひとつのやり方がここにありました。レイマックプレスの165号(2022年5月号)に掲載しています。またすごい経営者に会いましたー!

 

あす菜 https://hiro4109.base.shop/
レイマックプレス https://raymac.jp/club/press/

 

 

 

マーケティングの基礎を学びたい人へ ↓↓↓

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎月発行
Raymac press 最新号

レイマックプレス第167号は本格肉料理 丸小(まるこ)の女将、小出朋子さんにインタビューしています。     『お客様の笑顔が原動力』     寿退……

>> Raymac pressバックナンバー