名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2015/08/13

高級車よりも大事なもの

■高級車を捨てた

 

先日インタビューした伊藤建設工業の伊藤社長から聞いたお話。

 

伊藤社長が解体業を営む父親から会社を継いだ時、

売上計上漏れを税務署に指摘され、

それに追い打ちをかけるようにリーマンショックに襲われたそうです。

 

会社には瞬く間に6億円の借金ができてしまいました。

そして、

父親は心労で、

息子に会社を譲って間もなく逝ってしまった・・・。

 

借金とともに残された伊藤社長は途方にくれました。

しかし、立ち止まっていても、何も変わらない。

勇気をもって前に進むしかない。

 

伊藤社長は仕事が減ったことで出来た時間を使って、

父が残した「無駄なもの」をひとつずつ整理していったそうです。

 

無駄に広い倉庫、

使っていない駐車場、

売れない在庫、

そして分不相応な高級車・・・。

 

これらの無駄を捨てていく中で、

伊藤社長は自分を見つめ直し、会社を見つめ直したそうです。

 

そして、高級車を捨てた伊藤社長を見た社員たちは、

社長の中の「本気」を感じた。

 

これで会社は、過去に例をみないほど、ひとつにまとまったそうです。

 

 

■5期連続増収増益

 

無駄をそぎ落とし、筋肉質になった会社は、

激減した売上でも利益が残せる体制を築くことに成功。

 

さらにマーケティングと営業を強化し、

新しい案件も徐々に増えていく。

 

そして今季まで、5期連続で増収増益を達成したそうです。

 

社内はひとつにまとまった。

 

社長は収支をオープンにし、

利益は年4回のボーナスで社員に還元しているそうです。

 

この3月には社員旅行を復活させ、

社員はもちろんその家族も一緒にディズニーランドに行ったそうです。

 

途方に暮れた状態から、

ひとつずつ整理しながら、

伊藤社長は前に進み、

見事復活を遂げたわけです。

 

 

■目の前のものから、ひとつずつ

 

やらなくちゃいけないことがたくさんあり過ぎて、

途方に暮れてしまい、半ばパニック状態に陥り、

動けなくなってしまうことって、ありますよね。

 

そんなとき、

全てのことを一気に片付けようとしても無理な話で、

とにかく目の前にことをひとつずつ片づけていくしかありません。

 

やらなければいけないことに押しつぶされそうになっても、

ひとつ片付くと、少し楽になります。

 

その勢いでもう一つ片づける、もっと楽になります。

そして次のひとつ、と動いていると落ち着き始め、

パニック状態だった心も静まり、

やれそうな気持ちも芽生えてきます。

 

目の前のやるべきことを全力でやり、

無駄なものは捨てる。

 

当たり前ですが、

窮地から抜け出すためには、

これを愚直に続けるほかにないのだ、と思います。

 

 

■自分レベルの視点で

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

例えば、部屋の整理整頓の話。

 

部屋が散らかっている場合、

その人の頭の中も散らかっている、といいます。

 

散らかった部屋をひとつずつ片づけていくと、

散らかっていた頭の中も整っていくそうです。

 

これは、お掃除会社、アクションパワーの大津たまみ社長の言葉です。

 

目の前のモノ、目の前のコトを

ひとつずつ片づけていくと、不思議と頭の中も片付いていく。

そしてスッキリして、落ち着いてくる。

 

やらなければいけないことで押しつぶされそうなとき、

とにかく、目の前の事に集中する。

無駄なものは思い切って捨てる。

 

そうすると、大事なものが見えてくる。

 

僕も、最近散らかり気味な机の周りを片づけてみます。

そして大事なことに集中したいと思います。

 

ぜひ、あなたも。

 

応援しています。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

株式会社イーヤス 代表取締役

遠藤基平さん

【経営コラム】

「自分ごと」にしてもらう

【書籍紹介】

『ワークマンはなぜ2倍売れたのか』酒井大輔 著      

>> Raymac pressバックナンバー