名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/10/23

逃げ出したくなるくらいのピンチが、自分を成長させる

愛される会社プロジェクト の会報誌『レイマックプレス 』の10月号をリリースしています。raymac

今月は、

『逃げ出したくなるくらいのピンチが、自分を成長させてくれる』

と題し、自分ブランドプロデューサーの立石剛さんのインタビュー記事を掲載しています。

ここで、インタビューの一部をご紹介します。

(前略)

―国内損保会社から、外資系生保会社にヘッドハンティングされたんですね?

そ うです。外資系生保 というのは、中途採用した営業マンが持つ前職時代の人脈をマーケット化させていくことを重視しています。だから中途採用を多くするのです。例えば銀行出身 者であれば、以前取引していた融資先であるお客様などに、生保の営業マンとして訪問して保険を売っていくのです。でも私の場合は保険会社から保険会社への 転職なので、それが出来ないのです。それで2年目からは行くところが無くなって、紹介も出ず、行き詰っていくわけです。

―年収1億円を目指したはずが、窮地に追い込まれてしまった――。

そうですね。当時は同業界での転職は好ましく思われていなくて、転職を実行するなら解雇扱いだよ、と言われました。ですから私は円満退社ではなく、「解雇」ということになったんです。ですから余計に前職時代の人脈は使えない状況だったんです。

―フルコミッションということは、最悪の場合、給料がゼロになることもあるのですね。

あります。私はゼロにはなりませんでしたが、給料が10万 円を切ることはありました。ですから当時はカードを駆使して凌いでいたという感じです。そのカードも限度額が一杯になり、それでもお金が足りなくてどうし ようどうしよう、ということは何度もありました。苦しかったです。転職して給料がどんどん増えるという見込みで結婚もして、マンションを借りて、カッコつ けて外車を買ったりもしましたが、とんだ見込み違いになってしまいました。それでお尻に火がついて、頑張って営業活動をします。しかし一時的には成績が上 がるのですが、売れない理由を根本的に解決していないので、すぐに元に戻ってしまいます。そんなことを繰り返しながら、ある自己啓発系のセミナーを受けま した。売れない頃なのですごく身に染みて、だんだんと問題の本質が見えてきたんです。売れないのは営業のやり方の問題ではなく、人間的に間違っている部分 が自分にはたくさんあることに気づきました。それをきっかけに自己投資するようになり、自己啓発系の他にもコミュニケーション、営業、マーケティングなど のセミナーを受けまくりました。30~35歳はそんなことをやって、自分探しをしていた時代です。

・・・・・

(後略)

起業するまで、した後のお話を、面白おかしく話して頂けました。

立石さん、ありがとうございます!

(購読をご希望の方は、愛される会社プロジェクト にご加入ください。月々525円~)

では、次号までお楽しみに♪

●「マーケティング講座 デジタルとアナログで売上をアップさせる! 」勉強会
日時:10月27日(水) 19時~20時45分
場所:ウインクあいち 1004
料金:2000円 (愛P会員は割引、または無料)
申し込みはこちらから
前回の様子

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information