名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/12/27

石川遼は天才か?

「プロゴルファー石川遼は、天才ですか?」

という質問に、専属キャディの加藤氏は「」と答えました。

「(石川遼は天才)ではありませんね。ショット、アプローチ、パットとも、あの練習量で作り上げたものです」

僕たちはスゴイ人を目の当たりにした時、「あの人は天才だから」と言って自分を納得させることがあります。

しかし、多くの天才と呼ばれる人は、実は努力の人だったりします。ナマケモノの僕達は、練習や下積みを無意識に避け、「あの人は天才だから」という言葉で、甘えている自分をごまかしているのかもしれませんね。

スポーツでもビジネスでも同じですが、成果を出し続ける人は、「自分を信じている人」のように思います。28人の経営者をインタビューしてきましたが、ずば抜けた成長をしている人は「自分ならできる」と確信しているように見えます。

自分は努力すれば、必ず成果を出せる人間だ、と信じる。だから努力ができる。緊張する“勝負時”の場面では、「オレはあんなに努力してきたのだから、大丈夫だ」と自分を肯定できる。それが自信になり、落ち着きにつながる。そして、実際に成果を出す。

誰でもできるような地道な練習や仕事を、毎日、愚直に続けられる人こそ、大きな成果を呼びこむことができるのでしょう。そういう意味で、努力の天才こそ、継続的に成果を出せる人なのだと思います。

誰もがやれるような仕事をしていても、「あの会社はひと味違う」と言われるような経営をすることが、その会社の真の実力なのである。(by 稲盛和夫)

豊田礼人の愛されるコンサルタントで行こう

誰もがあっと驚くような成果の裏には、退屈で平凡な日々の努力の積み重ねがあります。平凡なことでも積み重ねれば、「ひと味違う」成果が得られるのだ、と稲盛さんは言っているのです。

19歳が目標に向かって、自分を信じ、努力を積み重ねている。僕たちも負けていられませんね。

今日一日、確実に積み上げましょう。

応援してます!

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー