名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2009/05/02

楽しむが勝ちだよ、大丈夫。

愛Pの公式会報誌、レイマックプレスの第8号をリリースしています。

今回は名古屋の広告・デザイン会社のCMBAR(シーエムバー)の恒川社長を取材しています。

この会社の面白いところは、広告・デザインにとどまらず、データセンターの運営、ミニカー・フィギュアの制作販売、さらにはジェラートショップの運営もしています。独立系のデザイン会社としては驚異的な売上を上げているんです。

面白いこと大好きな恒川社長は、高校生のときに横尾忠則のアートに影響され、デザインの道に進むことを決意した人ですが、現在はその横尾氏と仕事をしているとか。

横尾氏が60年代に制作したピンクガールズという作品のフィギュアを作っているそうです

このセンス、理解できます笑?

そんな恒川さんの、楽しくも学びの多いインタビューです。
タイトルは、

「楽しみながら上を目指せ。失うモノなんて何も無いんだから」

興味のある方は、愛Pまで、どうぞ。

PS
そういえば、このフィギュアを作るには「原型師」という、2次元の絵を3次元の立体にするための「型」を作る熟練工が必要で、その腕によって出来上がりが左右されるそうです。恒川さんも原型師を伴って横尾氏と打ち合わせをするそうです。

今日の日経に出てましたが、ベテラン原型師を擁する海洋堂という会社が、阿修羅像を模したフィギュアを売り出したら超大人気なんだとか。ネットで定価(2980円)の10倍近い価格で取引されているんだそうです。

ちょっと恐いですけど笑。

フィギュアの世界、まだまだ知らないことが多そうですね。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー