名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/11/05

宝島社が2期連続で増収なわけ

帝国データバンク調べによると、出版社売上高上位10社のうち、2期連続で増収になったのは宝島社1社のみだそうです。(出版業界2009年度決算調査より)

10社のうち、8社は減収という惨憺たる状況の中、宝島社の奮闘ぶりが目立ちます。

宝島社といえば、付録の豪華さで有名。人気ブランドとのコラボ付録企画目当てに雑誌を買う人もとても多いのだとか。

また、本の価格を「値下げ」したことでも、同社は話題になりました。相場より安い価格で雑誌を売るということは業界的にはとても珍しく、その大胆な戦略が新聞で報道されていたことを記憶しています。

これらの戦略は、販売部数を伸ばし、カテゴリーで1位になることを目指したものだそうです。

なぜなら1位になると、広告が取れる。広告主はカテゴリー内で一番売れている雑誌にのみ広告を出したがる。この広告収入を確保することが、雑誌を黒字化させるためにはとても重要なことなのです。

だから宝島社は、豪華な付録をつけ、価格を下げてでも、販売部数を伸ばすことにこだわったわけです。

世界一になる理由は何があるんでしょうか?2位じゃダメなんでしょうか?
(by 蓮舫・国会議員)

Renho

1位じゃないとダメなことがある。

広告主を引きつけるため、宝島社は1位にこだわった。その結果、出版不況の中で雑誌を黒字化し、収益をアップさせることに成功している。

狭い分野でいいから、そこで1位になる。

僕たち中小事業者こそ、絶対に取り組むべき重要なことです。

どこで1位になるか、是非考えてみてくださいね。

応援してます!

ayato skypeS

※執筆者・豊田礼人の抱腹絶倒の起業物語はこちらから

※マーケティング情報ギッシリの無料メルマガに登録する
登録画面へ

※もっとマーケティング・ビジネスモデルの勉強をしたい方は↓
525円から学べる経営情報誌 レイマックプレス

※小冊子が欲しい方はこちらからどうぞ!
https://raymac.jp/book

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー