名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/09/04

儲けるのは、自分のためであり、お客様のためでもある

以前、ゴルフ練習場のカフェで、ある会社の社長さんとお茶しました。

その時その社長さんが、

「この前この練習場のオーナーに言ってやったんだよ。値上げしろって」

「え?なんでですか」と僕。

「だって、この練習場が経営不振で倒産したら、俺たち客が困るんだぜ。行くとこが無くなるだろ?。」

「なるほど。儲けて継続してもらわないと、僕たち練習できなくなってしまいますもんね。」

そうなんです。困るのは僕たちお客なんです。

実は、儲けるのはお客様に申し訳ない、と安売りこそ是とするお店や会社は意外と多い。

特に不景気のこの時代ではなおさらです。

でも、それで赤字になり、破綻してしまえば、それを利用していたお客さんが困ってしまうことになります。

僕の知り合いのやり手の女性経営者も言っていました。

「私が仕事を辞めて一番困るのは、現在来てくれているお客さん。だから私は儲けるわよ、ってお客さんに宣言しているの。そしたら、『頑張って!』と言われたわよ笑。」

そうですね。儲けるのは、自分のためであり、お客様のためでもある。

そして税金をしっかり払えば、社会のためにもなる。

儲けることを恐れない、ということが大事なんだよ、とこれらの社長さんたちは教えてくれた気がします。

●追伸
だからこそ、政治家は税金を無駄遣いしないで欲しいですね。

●愛される会社になるための経営ネタ、ビジネスモデルネタ、マーケティングネタを提供する無料メルマガ
『愛される会社の法則」 も合わせてお読み頂けると嬉しいです。読者の声はこちらから。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー