名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2011/02/04

何も言わないパン屋さん

移動中に打ち合わせキャンセルの報が入り、途中下車。

天気が良いので、大須観音から鶴舞まで歩きました。

そこで、こんな店を発見。

豊田礼人の愛されるコンサルタントで行こう

看板も何も無い。

表札には、SURIPUとあります。読み方も分からない。スリプ?

豊田礼人の愛されるコンサルタントで行こう

何気なく中を除くと、人だかり。

ここ、パン屋さんだったのです。

天然酵母の、こんなパンとかが売っていました。

豊田礼人の愛されるコンサルタントで行こう

買って帰り、奥さんと食べてみると、期待通り、すごく美味しい。

奥さんはかなり気にって、今後、ヘヴィユーザーになる予感大。

僕が衝撃だったのは、味もさることながら、店外も店内も、広告らしきものが全く無いこと。

超シンプルなスタイル。北欧の映画に出てくるような。

中で働く人とたちは、明るくて、クールで、かなりイケテそうな男女5人くらい。パン作りに熱中しているカッコよさが伝わってきます。お客さんはワクワクしながらその様子を見ている。

広告も宣伝もキャッチコピーも何も無いけど、強烈に訴えるものがある。何も言っていないのに、恐いくらい存在感がある。

なんだ?この感じ。

ネットで調べると、食べログ系の評価サイトには掲載はあるものの、自社サイトは無さそう。そんなもの、いらねえよって感じなのか。でもクチコミはかなり大きく起きてそうな感じです。

商品が強くてコンセプトがしっかりしていれば、下手な広告なんていらないんだ、ということを示す、強烈なパンチを食らったような気分。

ほとんどの会社が広告こそ主要なコミュニケーション手段であるとの前提に立ってブランディング戦略を開発している。これは間違いだ。(by アル・ライズ/ローラ・ライズ ブランディング22の法則の著者)

豊田礼人の愛されるコンサルタントで行こう

商品やコンセプトを磨くことをおろそかにして、広告で派手にアピールすれば売れると考えるのは、虚しい。

そんな方法で、ブランディングなどできるはずもない。

SURIPUに教えられました。

●追伸

セミナーやります。

『第76回ベンチャーマッチング交流会in名古屋 × 愛される会社プロジェクト勉強会』

~“物語でライバルと差別化する&夢実現~

テーマ:「物語でライバルと差別化する!」

日時 :2011年2月23日(水) 18:10開場、18:30開始~21:00終了

場所 :ウインクあいち 903会議室

費用 :4000円 愛P会員一律2000円(懇親会費用別途3000~4000円くらい)

定員 :80名

講師 :豊田礼人、早川周作

詳細はこちらから

申込みの方はこちらから

豊田礼人の愛されるコンサルタントで行こう

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

木曽三川電力みのかも株式会社 代表取締役

加藤慎康さん

【経営コラム】

中小企業はM&Aをどう活用するか

【書籍紹介】

『事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践』栗原康太著      

>> Raymac pressバックナンバー