名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/10/05

リズリサよりもブルムンがクールなの(中2女子談)。

中2女子の姪のお気に入りブランドは、ブルー・ムーン・ブルー(BLUE MOON BLUE) だそうです。

通称“ブルムン”と呼ぶらしい。

少し前まで、ゲームとアニメにしか興味が無かった彼女ですが、今はファッションに夢中のようです。

以前のお気に入りは、リズリサ(LIZ LISA) というブランドだったはず。しかし、今は“ブルムン”がクールなんだそうです。

大人(オジサン)が見る限り、リズリサはもろフェミニンなフリフリキラキラで、ブルムンはサーフ系であっさりした感じ。

これがリズリサ。↓

liz e-coma.jp

これがブルムン。↓

blue 13

リズリサは、イオンなんかのショッピングセンターにもたくさん出店していて、彼女にとっては「やや露出しすぎて飽きてきたブランド」、という位置付けでしょうか。それに対してブルムンは、名古屋にはまだ数店あるのみ。

以前は好きだったブランドも、有名になりすぎてみんながみんな着ていると、途端にダサくなってしまうことってありますよね。そんなとき、ややマイナーなブランドが「クール」に見えるというのはよくあること。

“ブルムン”はそんなアンチ主流派のティーン女子のハートをつかんでいるようです。

しかし、Tシャツ3000円とか、中学生が着るには安くない価格です。親は大変ですね~。

トンガリたいばっかりの中2にとっては、安いけど個性に乏しいユニクロに群がる大人のことなど、全く理解できないのでしょうね笑。

強いブランドを構築できれば、多くの顧客をひきつけることができます。しかし、強すぎる1位ブランドに反発する「アンチ派」も必ず存在します。

中小企業は、強いブランドを持つ大企業を前にあきらめるのではなく、小さくとも自分たち自身のブランドを磨き続けることが重要です。必ずアンチは存在します。その層の受け皿になることで、マーケットを獲得することは可能です。そう、ブルムンのように。

しかもアンチ同士の結束力は強い。

是非、自分の会社で応用できないか、検討してしてみてください。きっと何かヒントがあるはずです。

応援してます!

●追伸
たまに中2の話を聞くと、とても刺激的です♪

●愛される会社になるための経営ネタ、ビジネスモデルネタ、マーケティングネタを提供する無料メルマガ
『愛される会社の法則」 も合わせてお読み頂けると嬉しいです。読者の声はこちらから。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー