名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/08/24

プリンターをタダにして欲しい。

indexOKIのレーザープリンターを使っています。

本体価格はヤマダ電機で50000円くらいだったのですが、トナーが1色7000円くらいするんですよ。

しかも結構すぐに無くなるのだ!

黒色トナーなんて、よく使うからしょっちゅう買っている感じがします。

本体が安い割りに、消耗するトナーでコストが結構かかるんですよね。

こういう価格設定って、キャプティブ価格というそうです。キャプティブ(captive)とは、「おとり」という意味です。

つまり、本体を安く「おとり」にして販売し、後から消耗品をじゃんじゃん買わせるという作戦

コピー機とかも同じですよね。

あと有名なのは、安全カミソリ。本体に比べて消耗品である替え刃がめちゃくちゃ高いです。

携帯電話も本体をタダ同然に安くして、通話料でしっかり稼ぐ。

車も、車を売って得る利益より、修理とかメンテナンスの方が利益率は断然良いそうです。

結局、目立つ本体価格を低く設定して、消耗品とか、付随するものをこっそり割高にすると、時間の経過とともにガッポガッポ儲かるんです。

こう考えてくると、

もう、プリンターなんて、本体タダでもいいんじゃない?と思ったり。

いかに、日常的・長期的に料金が発生する商品・サービスを自分のビジネスに埋め込むか?

これ、僕たち中小企業も真剣に考えてみる必要がありますね。

●追伸
ラスベガスのホテルの宿泊料金は、部屋の豪華さの割りに安く設定されているそうです。ホテル代の利益は度外視しても、カジノでお金を使ってもらえばいい、というビジネスモデルなんだとか(参考:マーケティング戦略 和田充夫 他著)。

●愛される会社になるための経営ネタ、ビジネスモデルネタ、マーケティングネタを提供する無料メルマガ
『愛される会社の法則」 も合わせてお読み頂けると嬉しいです。読者の声はこちらから。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー