名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/05/13

デフレに疲れたら、フレッシュネスバーガーへ行こう。

昨日は、名古屋パルコすぐ近くのフレッシュネスバーガーでランチしました。

外観はこんな感じで、10-05-12_001

中はこんな感じです。

10-05-12_002

フレッシュネスバーガーは、僕が住む名古屋地区には2店舗しかなくあまり知られていませんが、関東地区を中心に200店舗を展開しています。

このフレッシュネスバーガー、元ほっかほっか亭の共同創業者だった栗原幹雄さんとう人が1992年にオープンしました。

栗原さんは、ほっかほっか亭の多店舗化で大成功したものの、その後の単調な役員生活にはだんだん飽きてきたそうです。

一日の予定といえば会議だけで、あとは役員室にこもりっきっり。こんな単調な生活に疑問を感じ始めていたそうです。成功した人にだけ分かる虚無感だったのかもしれません。

そんなある日、栗原さんは東京渋谷区富ヶ谷の古びた木造平屋の物件に出会います。ここからフレッシュネスの歴史は始まります。

「ここでハンバーショップをやりたい」

という衝動を抑え切れず、自己資金850万円のうち800万円で店を作り、残った50万円を運転資金としてスタートしたそうです。

アーリーアメリカンな内外装の店で、こだわったハンバーガーを提供する。今までハンバーガーなど作ったことがなかった栗原社長でしたが、理想を追求してオープンしたお店は、若者や著名人の間で瞬く間に話題になったそうです。

「マックを卒業したらモスへ、モスを卒業したらフレッシュネスへ」

というコンセプトを、当初は掲げていたそうです。今ではニッチャーとしてマーケティングの教科書に紹介されるほどのハンバーガーショップとなりました。

さて、そのこだわりのハンバーガーがこれ↓

10-05-12_004

クラッシックチーズバーガー、480円なり。文句なし。肉汁たっぷりですごく美味しいです。
これにポテトとオーガニックコーヒーをつけて970円。

マック等に比べると明らかに高いですが、子供づれ、若者、外国人などで店は混雑してました。

デフレで低価格品しか売れないという論調が多い中、「そんなのは言い訳だろ?」と言わんばかりの直球を投げ返してくるフレッシュネスバーガー。

カッコイイです。

ayato skypeS

※執筆者・豊田礼人の抱腹絶倒の起業物語はこちらから

※マーケティング情報ギッシリの無料メルマガに登録する
登録画面へ

※もっとマーケティング・ビジネスモデルの勉強をしたい方は↓
525円から学べる経営情報誌 レイマックプレス

※小冊子が欲しい方はこちらからどうぞ!
https://raymac.jp/book

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー