名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/06/30

シフォンケーキを追求する男

22

愛される会社会報誌『レイマックプレス 』の第22号をリリースしています。

今回の経営者インタビューでは、シフォンケーキで有名な「フレイバー」の岩田社長にインタビューしています。その内容を、少しだけご紹介致します。

(前略)

―経営で上手くいったことは何ですか?

ブランド政策は上手くいったと思います。良い商品を長年作り、売り続けてきたことと、商品のイメージを高めるために良い売り場を選択してきたこと、これら に関しては非常に上手くやってこれたと思います。これによって商品のイメージや商品価値というものを高く維持できています。ただ、このブランド力が利益に 結びついているかというと、なかなか難しいんですけどね。規模もされほど大きくなくて、もっと良いやり方があるのではないか、といつも思っています。実 は、こだわればこだわるほど難しい部分があって、「他では売っていないものを売りたい」とか、「材料にこだわって本当に美味しいものを作りたい」と考えて いくと、一般的に売れるモノとは少し違ってきてしまうんですね。でも売らないと商売にならない。このバランスをとっていくのが難しいところです。

―作り手としての視点と経営者としての視点とのバランスですね。

お客様のニーズに合わせて売れるモノを作っていないということもありますね。要するに、売れるモノを作れば売れるんです。当社が作っているのは、アメリカ のホームメイドのお菓子です。でも洋菓子といえば、フランスであったり、ドイツなんです。アメリカのお菓子といってもピンときませんよね。パティシエが 作っていますといえば美味しそうな感じがしますが、ウチのはホームメイドなんです。神戸で作っていますといえば何となく美味しそうですが、ウチは名古屋で す。これらはすべてイメージなんですね。イメージでなんとなく美味しそうに感じたりそうでなかったりする。そういう意味では当社のアメリカのホームメイド のお菓子というのはイメージ的にハンディがあるのかもしれません。でも、食べたらすごくおいしい。一度食べたら、もう一度食べたくなるお菓子なんです。し かもウチにしかない商品なので、必ずウチで買って頂ける。お客様とのこういう関係を増やしていきたいと思い、こだわってやり続けています。

(以下略)

フレイバーのシフォンケーキはとても美味しく、以前から良く食べていました。このインタビューを機にまた食べたくなって、買ってきました。

flavor 001これで2000円

flavor 003

アイスクリームのっけて

しあわせなひと時でした。
名古屋髙島屋など百貨店でお求め頂けます。

誠実でソフトな物腰のフレイバー岩田社長。私の記事を褒めて頂きました。ありがとうございます!

今後の活躍をますます期待しています。

レイマックプレスバックナンバー

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー