名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/10/13

イクメンを狙った販売促進

豊田です。
→このブログに初めてお越しの方はこちらをご覧下さい。

赤ちゃん本舗の売り場に異変が起きている。(日経MJ201010131)。

1~2年前から男性の来店客が各段に増え、積極的に商品選びに参加する姿が頻繁に見られるようになったそうです。

以前は、妻が買い物をしている間、夫は子供を抱いて暇そうに・・・というのが定番だったのですが、どうも様子が変わって来たのだそうです。

それで、赤ちゃん本舗では、男性向けの販促を手がける通称「パパチーム」を発足させ、育児に積極的な男性“イクメン”を取り込む施策を強化しているのです。

少子高齢化は、ベビー用品業界を直撃しています。

市場は縮小するので、売上を伸ばすためには、他社のシェアを奪うしかありません。その方法の一つとして、イクメン向けのイベントを行い、男性ファンを増やし、来店を促そうという戦略なんですね。

赤ちゃん一人には6つの財布があると言われます。つまり、両親と、そのそれぞれの両親の6人の財布。

その一つ、パパを取り込もうということです。

事業の目的は利潤の追求ではなく、顧客の創造にある。(by ピーター・F・ドラッカー)

drucker1

購買に影響を与える人は一人ではない。複数いる影響者のうちの誰を責めるか。まだ手付かずの影響者はいないか?いればそこを責めればいい。

中小企業にも参考になると思います。

是非、自社のマーケティング活動に取り入れられないか、考えてみてください。

応援してます!

●追伸
今日も幼稚園にお迎えにいきました。イクメン、頑張ってます!

●愛される会社になるための経営ネタ、ビジネスモデルネタ、マーケティングネタを提供する無料メルマガ
『愛される会社の法則」 も合わせてお読み頂けると嬉しいです。読者の声はこちらから。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー