名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2011/08/08

なぜ、いい商品なのに売れないのか?

今日はある企業へ出向き、新商品の販売戦略について議論しました。

経営者は、その新商品の可能性を熱く語ります。

僕もその話に引き込まれ、ワクワクしながら聞いていましたが、途中から突っ込みモードに切り替え、

①その商品は誰の、どんなニーズに答えるのか、あるいはどんな悩みを解決するのか?

②その商品は、他社の商品とどこが違うのか?

について考えてもらい、意見を出し合いました。

多くの会社に見られることですが、自分の商品のいいところについてはいくらでも語れるのですが、他社との違いとなると口数が減ってしまいます。つまり、競合商品についての研究が不足しているんですね。

こんなにいい商品が売れない理由は何であろうか?それは、ライバル商品もいい商品だからである。(詠み人不明)

多くの会社お客様は常に比較しています。より良く、より安いものはないか、と。検索窓にキーワードを入力すれば、膨大な情報が瞬時に手に入ります。あなた以上に、その業界について詳しい可能性もあるのです。

他と何が違うのか?を明確にすること。

これ、すごく大事なことだと思います。

●追伸

愛される会社プロジェクトの

フェイスブックページ

 

を作りました。

遊びにきてください♪

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

木曽三川電力みのかも株式会社 代表取締役

加藤慎康さん

【経営コラム】

中小企業はM&Aをどう活用するか

【書籍紹介】

『事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践』栗原康太著      

>> Raymac pressバックナンバー