名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/12/24

どんな市場にも2人の馬鹿がいる

日本製紙クレシアが発売して話題になっている超高級ティッシュ『羽衣』。

豊田礼人の愛されるコンサルタントで行こう

お値段3箱で3150円。

5箱セットで398円くらいが相場という中で、超破格な価格設定です。

この商品のウリは、

・ティッシュにローションを塗布加工し究極のやわらかさを実現

・4枚重ねで、それぞれのシートの間に出来る空気層でふっくら感

・厳選された原材料(マニラ麻、ユーカリパルプなど)を使用

・「羽衣」の文字は書家の武田双雲氏が手掛けた。

などなどです。

オンラインショップのみの販売ですが、発売開始後品切れ続出状態なのだとか。すごいですね。

消費者が「この商品はだいたいこれくらいの価格」と認識している価格を知覚価値価格と呼びます。それを大きく裏切る価格設定をすることで、びっくりさせて、注目させるわけですね。お見事です。

逆に、低価格で話題になっているのが、ジャパネットの「100円パソコン」。

モバイル加入を義務付けることで、この価格を実現しているわけです。裏側のカラクリを聞いてなるほどと思うものの、「パソコンが100円です」と言われると、やっぱり反応して耳を傾けてしまいますね。これもお見事。

僕たちが商品を買うときに最も重視することのひとつは「価格」であることには間違いないので、こういう切り口の販促手法は時に非常に成功します。しかし、継続的に顧客を満足させ、リピート購買を実現できるかどうかは別の話。販促手法がどぎつければどぎついほど、顧客には飽きられやすいです。

どんな市場にも2人の馬鹿がいる。1人はあまりにも安い値段をつける馬鹿。もう1人はあまりにも高い値段をつける馬鹿である。(ロシアの古いことわざ)

価格を売り物してはならない。価値を売り物にすべきである、とはコトラーの言葉。

さて、皆さんはどう考えますか?

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

木曽三川電力みのかも株式会社 代表取締役

加藤慎康さん

【経営コラム】

中小企業はM&Aをどう活用するか

【書籍紹介】

『事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践』栗原康太著      

>> Raymac pressバックナンバー