名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2012/05/08

できない・・・のか?

自分はできる、と思って生きているのか、できない、と思って生きているのか。

この違いは大きいです。

できると思っている人は、行動が早い。

できないと思っている人は、遅い。

早く行動すれば、とにかく結果が早く出る。悪い結果だったとしても、早く修正して次に進める。

結局、何が正しいのかはやってみなくちゃ分からないことが多いので、早く行動して早く軌道修正していける人が、成果を出せる人だということです。

フェイスブックの社内には、

完璧を目指すよりも、まずは終わらせろ

というポスターが貼ってあるそうです。ふむふむ。

先日、女子ゴルフのフジサンケイレディースで優勝した大江香織さんは、常に「自分にできないはずがない」と思ってゴルフを続けてきたそうです。

豊田礼人の正しく愛される経営術

上のステージに上がるたびにすごい先輩たちがひしめいている世界。そんな中でも、人にできて自分にできないはずがない、と思い這い上がってきたそうです。

その前向きな気持ちと努力が結びつき、先輩たちを追い越し、優勝という果実を得たのです。

あなたが 自分は何かが上手にできると思おうが、全然できないと思おうが、どちらも正しい(by ヘンリー・フォード)

豊田礼人の正しく愛される経営術

つまり、どう自分を定義づけるかは、自分で選択できる、ということ。

できると思えばできるし、できないと思えばできない。

生まれつきの性格やこれまでの体験に左右されるのは仕方ありません。

でも、できると思って進んだほうが、体が軽く感じられるのは確か。

自分くらいは、自分を信じてあげて。

そう思います。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー