名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2011/11/16

くだらないアイデアが誰かを救う。

昨日は午前中は資料作りをし、<br />

<br />

午後からはクライアントの決算報告会に出席。<br />

<br />

数字的に目標には届きませんでしたが、前年よりかなり大きく伸びたのは素直に嬉しい。これも社長以下社員さんたちの努力と創意工夫の賜物だと思います。<br />

<br />

さて、今期はどう考え、どう行動するか。すでにレースはスタートしています。僕もしっかりアイデアを出して行きたいと思います。<br />

<br />

夕方からは連携させて頂いている税理士の先生と打ち合わせ。<br />

<br />

僕の課題、その先生の課題について、それぞれ意見やアイデアを出し合い、方向性を探りました。<br />

<br />

そうすると色々と気付くことがあるんですよね。<br />

<br />

やはり2つの脳みそで刺激しあうことで、自分の脳みそだけで考えている時よりも格段に質の高い思考ができます。しかも速く。<br />

<br />

<font size=”3″><span style=”font-weight: bold; color: rgb(255, 20, 147);”>くだらないアイデアでも相手のアタマを刺激する、と考えて口に出しましょう。(by 森時彦 『ファシリテーターの道具箱』著者)</span><br style=”font-weight: bold; color: rgb(255, 20, 147);” />

</font><br />

<br />

<div align=”center”><div align=”center”><a href=”http://stat.ameba.jp/user_images/20111116/06/raymac/ee/03/j/o0200018011614222145.jpg”><img border=”0″ src=”http://stat.ameba.jp/user_images/20111116/06/raymac/ee/03/j/o0200018011614222145.jpg” alt=”豊田礼人の正しく愛される経営術” /></a>

</div>

</div>

<br />

自分ではくだらないと思っても、相手の脳みそを刺激するかもしれない。<br />

<br />

そこで笑い合うことで、自分の脳みそも刺激を受けるかもしれない。<br />

<br />

いろんな人に話しかけて、アイデアを出して、脳みそを刺激してあげよう。<br />

<br />

それが素晴らしいアイデアを思いつくための近道かも。<br />

<br />

応援しています。<br />

<br />

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー