名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2021/07/26

忘れたころに、時間差で届けられる感謝

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

今回のテーマは、【忘れたころに、時間差で届けられる感謝】です。

 

 

 

 

◆荻野目洋子さんの思い出の人

 

 

 

以前見た、
芸能人が昔の友人やお世話になった人を探し、その後、その人がどんなストーリーを辿って現在に至ったのかを追う番組が印象的で、今でも覚えています。

 

 

 

その番組で歌手の荻野目洋子さんが、30年前に一度だけ会ったメイクさんのことを思い出し、取材陣が調査し、本人を見つけ出します。70歳を超えていたそのメイクさん(男性)は、今も現役で、地元でメイクの仕事をしています。

 

 

 

荻野目さんは、「新人で右も左も分からない私を気遣って、リラックスさせてくれたことを今でもすごく覚えていて、とても感謝しています」とVTRを通してメイクさんに伝えます。

 

 

 

それを見たメイクさんは、目を潤ませて静かに喜びます。ジンワリと感動を呼ぶシーンでした。

 

 

◆嬉しいお手紙をもらいました

 

 

 

すぐに結果が出る仕事ではその場でお礼を言われます。一方で、その場では言いそびれたり、しばらく経ってから結果が現れ、あとから感謝の言葉をいただくこともあります。

 

 

 

先日、以前少しだけ関わった会社の社長様からお手紙を頂きました。そこには、当時僕がいろいろと提案したアドバイスの一つを実施したところ、ジワジワと効果が出て、大きな売り上げにつながりました!と感謝の言葉が並べられていました。

 

 

 

アドバイスをしていた当時は結果がすぐ出なかったので、どうなったかな・・・と思っていましたが、この連絡を受けて、少しは役に立ったのだと、とても嬉しい気持ちになりました。すぐにお返事の手紙を出して、僕もお礼を言いました。この瞬間の嬉しさは、本当に何にも代えがたいです。

 

 

 

◆一人一人を丁寧に

 

 

 

忙しく過ごす毎日で、自分がやっていることにどれだけ自信を持てるか。俺、ちゃんと人の役に立っているのかな、と思うこともあります。時に忙しさにかまけて、流して仕事をしていないか、と反省することもあります。

 

 

 

仕事って、今すぐに効果が見えなくても、何かしらその相手に良い影響を与え、後になって感謝される、ということがあります。

 

 

 

時間差で感謝が届くこともあるのだ

 

 

 

だからひとつひとつの仕事、一人一人の対応を、丁寧に、心を込めてやらないといけないな、とあらためて思います。

 

 

 

◆自分レベルの視点で

 

 

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

 

 

僕たちは、目の前の人を喜ばせるために、最大限の努力をしているだろうか?

 

 

 

自分にとっては数ある仕事の一つかもしれないし、たくさんいるお客様の中の一人かもしれない。あるいは、早く終わらせたい、つまらない仕事かもしれない。

 

 

 

しかし。相手にとっては重要な依頼で、何かにひどく困っていて、僕たちの一言や優しい表情のひとつが、その人を大きく勇気づけるかもしれない。

 

 

 

そして、その時の
何十年後かに感謝の言葉が届くかもしれません。

 

 

 

荻野目さんのメイクさんは、多くは語りませんでしたが、「自分の仕事が誰かの役に立った」という達成感みたいなものがグワッと湧き出てきたのだと思います。人生でコツコツと蒔いてきた種が育って、忘れたころに収穫できたような。

 

 

 

仕事って今この時点では、感謝されているのか、役に立っているのか分からないこともありますよね。

 

 

 

しかし、目の前の1人に丁寧に仕事をすることを続ければ、こういうことが起こる。そう肝に銘じて、僕も仕事をします。

 

 

 

ぜひあなたも。

 

 

 

応援しています。

 

 

 

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第758号2019/11/1を一部修正)※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

レイマックプレス第156号は丹羽ふとん店五代目の丹羽拓也さんにインタビューしています。     『作ること、伝えること。両方大事。』     手作り……

>> Raymac pressバックナンバー