名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2020/01/14

僕たちは、自分で話しながら自ら気づくのだ(オートクライン)

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

私は、「レイマッククラブ」という会員制の情報提供サービスを運営しています。会員になると、会報誌が毎月送付されます。この会報誌には、私が実際に会ってインタビューさせて頂いた起業家や経営者の生の「ノウハウ」が掲載されています。

 

 

私は、起業家や経営者がどんな子供時代を過ごし、学生時代に何を考え、社会人としてどんな仕事をし、どんないきさつで起業したのか、についてとても興味を持っています。また、経営者となって出会う様々な壁をどう乗り越えてきたのか、あるいはどうやって業績をV字回復させたのか、などについても知りたい。それらに切り込んで聞いて、会報誌で会員様にシェアしています。

 

 

 

もっぱら私の興味に従ってお話を聞いていますが、他では読めない生々しい体験談や、等身大の起業家の生きざまが自分の事業展開のヒントになる、と会員様からは喜ばれています。

 

 

 

またこのクラブでは、「45分間の個別無料コーチング(コンサルティング)」というメニューも用意しています。カフェやホテルのラウンジで、コーヒーを頂きながら、リラックスしながら相談を聞いたり、コーチング(コンサルティング)したりしています。

 

 

 

相談って何を相談すれば良いのだろう?と思う人もいるかもしれませんが、「特にこれを解決したい」という明確な問いがなくても、何かモヤモヤしていたり、色んなことがありすぎて前に進まない、という場合でも効果があるようです。

 

 

 

今日も、ある会員さんにこのメニューの個別無料コーチング(コンサルティング)をさせて頂きました。お話を聞きながら私の感じたことやアイデアをフィードバックさせて頂きました。会員さんは何かひらめいたようで、喜んで頂けました。良かったです。

 

 

 

 

人間は、自分ひとりの頭の中でグルグル考えているよりも、聞き手に向かって自分の考えを話した方が、より考えが整理されやすくなります。相手に話すことで自分の考えを一旦外に出して、それを自分の耳で聴いて内に入れることで、客観的になれるみたいです。(自分で話したことを自分で聞いて勝手に気づくことを「オートクライン」と言います)

 

 

 

自分で話しながら、やりたいことを再認識したり、アイデアが降ってきたり、自分の矛盾に気づいたり。その効果は計り知れません。僕は聞き役に徹し、要所要所でアドバイスするだけ。そんな感じで、この個別コーチング(コンサルティング)を利用してもらっています。

 

 

レイマッククラブ https://raymac.jp/club/

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

クロスポイント合同会社
代表社員 竹村隆行さん

【経営コラム】

超強いブランド「キューピー」から学ぶ

【書籍紹介】

『ニューヨークのアートディレクターがいま、日本のビジネスリーダーに伝えたいこと』 小山田育 他著 

>> Raymac pressバックナンバー