名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2019/03/13

【人のせいにしていると成長は止まる】

愛知県名古屋市で中小企業の売上アップ、やる気アップをコツコツ支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田礼人です。

 

 

 

今日のテーマは「人のせいにしていると成長は止まる」です。

 

 

 
■誰のせい?

 

 

うまくいかないとき、誰かのせいにしたくなる。

 

 

 

あの人が悪い、上司が悪い、会社が悪い、お客が悪い、社会が悪い・・・。

 

 

 

世の中には発言の8割が「不満」や「誰かの悪口」という人もいる。

 

 

 

不満を言っている人を見ると嫌な気分になりますが、はたしては自分はどうかな?と振り返って戒めにしています。

 

 

 

誰かのせいにして、何かを達成した人はいませんからね。

 

 

■社員への手紙

 

 

この前ミーティングした経営者は、売上げが上がらず、不満ばかり言っている社員について困っていました。

 

 

 

その社員さん、何かと人のせいにして、周りの人を辟易させている。

 

 

 

周囲は「あの人のあの姿勢(性格)は直らない」とあきらめている。

 

 

 

しかし、その経営者は、「これは、彼の問題であると同時に、私自身の問題でもある。ここで私があきらめて投げ出してしまったら、私の成長は止まる」と言って、真正面からその社員さんと向き合っています。

 

 

 

この前はその社員さんに向けて手紙を書いた、と言って、僕に見せてくれました。そこには厳しくも愛のある言葉が並んでいました。

 

 

 

ドラマのように、この手紙を読んだ社員が涙ながらに改心するなんてことは、現実世界では起こりません。そんなことも期待していない。

 

 

 

だけど、やれることは全てやってみるという姿勢が、その経営者には備わっているのです。

 

 

■振り返りが成長を助ける

 

 

一流のアスリートが一流なのは、天賦の才能に加えて、振り返りの時間を大切にしているからだと思います。

 

 

 

一日の試合や練習を振り返り、それをノートに書きながら、次にやるべきことや、ポイントやコツを整理しているのです。

 

 

 

このとき、できないことを「他人や環境のせい」にしている一流選手はいないでしょう。

 

 

 

できないのは自分に問題があるからで、それを客観的に理解して、改善しようとする。

 

 

 

この作業の積み重ねが、高い目標の達成につながるのです。

 

 

■自分レベルの視点で

 

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

 

 

僕たちは、何かがうまくいかないとき、どういう「考え方」をしているでしょうか?

 

 

 

「全て自分のせいだ」と背負いすぎて、追い込みすぎるのは良くありません。メンタルがやられてしまいますからね。

 

 

 

しかし、「自分にもっと改善すべき点があるのではないか?」「他にやれることはないだろうか」と自問することは有効だと思います。これを放棄すると、成長は止まります。

 

 

 

他人ごとではなく「自分ごと」と捉え、自分を振り返り、素直に事実や他人からの意見を受け入れられるか。

 

 

 

そこが成長できるか、その場にとどまるかの分かれ目です。

 

 

僕も日々精進。

 

 

ぜひあなたも。

 

 

応援しています。

 

 

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第633号(2017年6月2日発行)より)

 

 

※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。
ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information