名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2020/12/26

インスタで来客激増したお店とか、顧問先のコンサルとか。(一週間の振り返り)

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の振り返り。

 

 

 

月曜日は朝から公的なお仕事。中小企業経営者の相談業務が朝から夕までギッシリ。豊田、がんばりました。相談業務って僕の場合、基本「聞く8割」「話す2割」という感じですが、この「聞く」という仕事がすごく重要であり、かつ実はすごくエネルギーを消費します。

 

 

 

 

仕事って、その本人が四六時中朝から晩まで頑張ってやっていて、本人が細かいところまで工夫しながらやっていて、外部の者が気軽にあーだこーだ言えるもんじゃありません。でもそもそもアドバイスするのが仕事なので、僭越ながら、させてもらっています。生意気にもアドバイスするためには、まずしっかり聞いて、正確にその経営者や起業家が伝えようとしていることを理解しなければなりません。加えて、その人の性格とか、今の心境とか、自分との相性とか、そういう非言語的情報を全身で感じ取らないと、真に有用なアドバイスなんてできないんですよね。だから、すごくカロリーを使うんです。

 

 

 

僕はお客様からよく、「豊田さんは、聞くことが上手ですね」「豊田さんは話しやすいからついついたくさん話してしまう」と言われます。事実、話すよりも聞く方が自分でも得意だと思います。でも最近思うのですが、聞くことって実はパワーがいる。はた目には、聞いてるだけだから、話すよりも楽そうに思えるのですが、そうではない。むしろ聞くことの方が、何倍も脳みそを使うような気がします。聞いているとき僕たちは、相手が発する言葉の表面的な意味だけじゃなく、その奥にある本当の気持ちを想像したり、その背景に起こっているだろう事象を想像したり、この後にどういう質問をするとより議論が深まるだろうかなどを考えたりしているので、脳みそはフル回転しています。黙っているけど、頭の中は、いろいろ忙しいんです。

 

 

 

一方で、自分が話しているときって、話す内容のことに脳は集中しているので、それほどあれこれ考えているわけではなく、カロリーもそれほど消費していないような感覚があります。つまり、聞くことって、体力いるんです、と。話すより全然聞く方が大変だと思います。(だから「聞ける人」は重宝されるのです)。1日4人とかの相談に乗っていると、もう終わった時はぐったりしています。

 

 

 

その日はそれで終わらず、旧知の社長から電話があり、夜から緊急ミーティング。3時間半くらい、経営会議に参加し、かなり濃いめの議論を交わしました。とりあえすの方向性は決まったので、次回、その方向に向かうかどうかの最終意思決定を行う予定です。

 

 

 

 

火曜日は午前中は東京のクライアントとZOOMミーティング。来年からの販売戦略について打ち合わせました。午後からは事務所内で資料作り。翌日、翌々日のコンサル先とのミーティングに使う資料の作成とチェック。

 

 

 

 

水曜日午前中は関西のコンサル先である印刷会社と定例ZOOMミーティング。こちらの顧問先、今季はここまでコロナで厳しい中確実に利益を確保。今回は主に組織戦略についてミーティング。やるべことを整理し、次回までに実施してもらえるように背中を押す。応援してます。

 

 

 

 

午後からはコンサル先であるデザイン会社の経営者と経営メンバーとでZOOM定例ミーティング。会社としてどういうポジショニングを取り、競争優位を築いていくかについてディスカッション。かなり良い議論ができました。

 

 

 

 

夕方からはコンサル先である名古屋の印刷会社の幹部とこれまたZOOMミーティング。この日はZOOM祭り(笑)。次回の営業部員研修についての軽い打ち合わせ。このお客様はいつもすごく僕のことを褒めくれて、ありがたい限りなんですが、褒められすぎて照れます。「ああ、ほんと、あのとき、豊田さんに連絡してよかった~」と、いつも言ってくださるんです。メルマガもいつも読んでくれていて、社内回覧したり、必要な部分はプリントアウトして手帳に貼り付け、外出先でも見返してくれているそうです。身に余る思いです。ありがとうございます。

 

 

 

木曜日は朝からコンサル先である福祉系企業で幹部ミーティング。経営計画の進捗確認と、リーダーシップ、マネジメント、マーケティングなど、経営戦略に関わることについて話し合いました。今期も業績好調とのことで、嬉しい限りです。来月もよろしくお願いします。

 

 

 

午後からは公的仕事。伝統工芸、高級飲食店、組織コンサルティングの事業者さんの相談に乗りました。うち2件はzoomで。高級飲食店は、インスタグラムの活用を強化した結果、コロナ禍にも拘わらず予約がパンパンと絶好調。お客さんが来すぎて、注文から料理の提供までに時間がかかってしまい、お客様にご迷惑をお掛けしているとか。そこは、店舗のブランドを維持するために、予約をセーブし、余裕のある接客ができるようにするべき、というアドバイスをして、実践してもらっています。嬉しい悲鳴とはこのことですね。

 

 

 

木曜日も午前だけ公的仕事。昼からは岐阜に移動、コンサル先である住宅設備系企業のを訪問し定例ミーティング。今期はここまで業績好調。昨年度の勢いそのままでいい感じ。好業績の要因は、社長と社長の奥様で、小さなことをひとつずつ丁寧に積み重ねてきたこと。それが蓄積すると、大きなパワーを生み出すというお手本。決して派手なことではなく、地味~なことを愚直にやれるかどうかで、業績に差が出てきます。

 

 

 

最後にメールで別のコンサル先の社長から連絡が。宿題として出していた経営計画の内容について、「もうちょっと待って!」という連絡でした(笑)。

 

 

 

 

今年もあと少し。ガンバロー。

 

 

 

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

2020/12/14

才能よりも、好きか嫌いかで決めた方が良い

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

今回のテーマは【才能よりも、好きか嫌いかで決めた方が良い】です。

 

 

 

 

 

「豊田さんって、コンサルティングをやって、起業家インタビューも毎月やって、ニュースレター発行して、メルマガを毎週書いて、あれもこれもやってすごいですね。どうやって時間管理しているんですか?」

 

 

 

とよく聴かれるんですが、とんでもない。どっちかというと時間管理って苦手で、気が付くと割とダラダラとしている方です。

 

 

 

休みの日なんてホント家でダラダラグダグダとテレビ見たりして、すぐにウェイトオーバーしてします(汗)。休み明けは、毎回反省の日々です。

 

 

 

テレビを見ないのがデキる仕事人の条件みたいに言われる昨今ですが、僕は見ます(きっぱり)。

 

 

 

先日、テレビを見ていて、おおそうか~と学ぶことがいくつかありました。

 

 

 

青山学院出身の天才と呼ばれた長距離ランナーの話。その人は、それほど練習せずともすごいタイムを記録し、周囲から天才と持てはやされた超優秀なアスリートです。

 

 

 

その実績で卒業後は実業団チームに入団するものの、その才能を開花させることなく、チームを辞め、早々に引退してしまいました。

 

 

 

なぜ?

 

 

 

本人曰く、走るのをやめた理由は、「走るのが好きじゃなかったから」。才能はあれど、好きじゃない。

 

 

 

だから情熱が湧かず、続けられない。ゆえに大成せず終わる。そんな人の話でした。

 

 

 

一方、別の番組。その番組では、サッカーが好きで日本代表を目指すものの、国内のプロチームとは契約できなかったあるサッカー選手が特集されていました。彼はその後、アジアやヨーロッパの国々へ渡り、契約してくれるプロチームを求めて入団テストを受け続けるもすべて不合格。ようやくあるヨーロッパの下部リーグのチームと契約するも、その時すでに25歳。そこで自分の限界を悟る。

 

 

 

しかし、このサッカー選手のストーリーをテレビで見たある投資家が、その情熱の強さに感銘し、彼に出資すると申し出ます。現在彼はその出資を機にサッカー関連のビジネスを立ち上げ、生き生きと将来を語っていました。

 

 

 

前者のランナーは、才能はあったけれど、好きじゃないから続けられなかった人。今は普通にサラリーマンをしている。

 

 

 

後者のサッカー選手は、才能は無かったが、サッカーへの情熱は強く、継続してチャレンジしていたら次の道が開けた人。今は好きなサッカーを仕事にしている。

 

 

 

どっちの人生がいいかんなんて比べられない。でも、後者の青年のほうが楽しそうに見えたのは僕だけじゃないはずです。

 

 

 

うーむ、結局、好きなことをやっている人が一番幸せそうだぞ、と。仮にそれで芽が出なかったとしても、軸をブラさず突進するその姿が、周りの共感を呼び、ビジネスが回りだしたりするのだな、と。

 

 

 

京セラの稲森和夫さんは、「その仕事が好きで、それをやりたいと思うことが、それを現実にする力が潜在的に備わっている証拠である」「人間は素質や能力がないことをあまりしたいとは思わないものだ」という趣旨のことを著書「生き方」の中で述べています。

 

 

 

 

僕は印刷会社で11年、人材会社で7年働いた後(後半すこし起業と並行していましたが)、経営コンサルティング事業で起業しました。それまで、経営コンサルティングを一度もやったこともない状態での起業でしたので、果たして自分にこの仕事に適性があるのか?、才能はあるのか?と思い悩むこともありました。それくらい、見切り発車の起業だったのです。その時、この稲盛さんの言葉に触れて、勇気づけられたことを思い出します。才能があるかどうかは分からないけど、とりあえずやりたいという気持ちは強くある。だから絶対にやれるはずだ、と意を強くしたのです。(かなり危なっかしいですが)

 

 

 

才能があるか否かよりも、好きか嫌いかの方が、自分にとって大事なんだよな、と。

 

 

 

そんなことをダラダラしながら考えました。

 

 

 

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第716号2019/1/4を一部修正)※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

 

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

2020/12/03

焼き鳥が来ない話

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

今回のテーマは【焼き鳥が来ない話】です。

 

 

 

◆焼き鳥が来ない

 

 

 

以前(コロナが拡大する前)、家族である鳥料理のお店に行ったんです。

 

 

 

このお店、チキンのから揚げが人気の店なんです。

 

 

 

でも僕たちは焼き鳥が食べたかったので、から揚げは頼まず、焼き鳥を注文しました。

 

 

 

しかし、待てども待てども全然出てこないんですよ、焼き鳥が。

 

 

 

隣席の後から来たお客さんには、どんどん商品が出るんです。で、おいしそうに食べている。ちょっとイライラしてきました。

 

 

 

◆白いご飯

 

 

 

焼き鳥と同時に頼んだ「鳥釜めし」はすぐに出てきて、テーブル上で固形燃料で温めます。20分かかるので早めに頼みました。

 

 

 

タイマーが鳴って、鳥釜めしのふたを開けました。あーお腹すいた、やっと食べられる。ゆげがぶわっと広がる。
そこで目にした光景に、家族全員がびっくり。

 

 

 

なんと「具」が入っていなくて、単なる白飯が炊き上がっているじゃありませんか。見た瞬間意味が分からなくて全員で、「ん?」となりました。かけつけた店員さんも「ん?」という顔をしています。

 

 

 

つまり、具を入れ忘れたんですね(笑)。すぐにやり直します!と店員さん。おーい!俺たちの20分を返せ!

 

 

 

で、相変わらず、焼き鳥は来ない・・・。

 

 

 

結局注文してから1時間たって、ようやく焼き鳥が出てきました。

 

 

 

◆一言で救われる

 

 

 

そもそも、カラ揚げがウリの店だから、焼き鳥は不得意なのか。さらに店は結構混んでいたから、厨房は大忙しでパニックだったのか。

 

 

 

でも、焼き鳥って、焼くだけでしょ?という思いもあるし(関係者の方、すいません)、焼き鳥に1時間はないでしょ?とも思います。

 

 

 

子供たちはうんざりして、大人はイライラしてきます。あーもう、2度と来ないぞ。

 

 

 

と思いながら店を出るとき、若い店員さんが、「商品が出るのが遅くて本当にすみませんでした!」と謝ってきました。

 

 

 

イライラしたけど、この一言で救われました。当たり前といえば当たり前ですけど、最後、この言葉があるかないかで、印象は大きく変わりますね。

 

 

 

あー、分かっててくれたんだな、僕たちのイライラを。分かってくれていれば、いいです。何も言われずに帰されたら二度と来ないけど、一言声かけてくれたから、また来ようかな。と少し溜飲が下がりました。

 

 

 

でも次は、焼き鳥ではなく、カラ揚げにしておきます。あと、鳥釜めしは、最初にまず中身を確かめるようにします(笑)。

 

 

 

◆自分レベルの視点で

 

 

 

自分レベルではいかがでしょうか。

 

 

 

僕たちは、お客様の気持ちを理解しているでしょうか。分かってあげているでしょうか。何に喜び、怒り、悲しんでいるのか、を。

 

 

 

そこから目が離れると、お客様も離れていきます。

 

 

 

人間の営みなので、失敗は起こります。それは仕方がない。問題は、その後。お客様に寄り添い、気持ちを慮(おもんぱか)り、怒りや悲しみを理解する。

 

 

 

そしてそのことについてきちんと対処する。ちょっとした一言でいいんです。

 

 

 

無視された、あるいは大事にされていない、と感じると、お客様は怒り、悲しみ、離れていきます。

 

 

 

たとえ表面的には怒りを見せなくても、内面では怒ってます。そこをくみ取って、行動できるか。

 

 

 

仕事がうまくいくかどうかって、結局、相手の視点に立てるかどうかですね。

 

 

 

マーケティングも、クレーム処理も、お客様が中心。

 

 

 

お客様だけじゃなく、職場の中でも、外注さんに対しても、家庭においても同じこと。相手の立場になって考えられるか。

 

 

 

基本的なことだけど、これが抜けていると、どこで何をどうやっても結果は厳しくなる。

 

 

 

僕も肝に銘じて頑張ります。

 

 

 

ぜひあなたも。

 

 

 

応援しています。

 

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第715号2018/12/28より)※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

 

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

2020/12/01

「アトリエTACHI」を経営する 舘恭子さんに起業家インタビュー

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

レイマックプレス147号のお知らせです。

 

【147発目。喜ばれることも、役に立つことも 編】

 

ふうせん屋「アトリエTACHI」を経営する アトリエ タチ 舘恭子さんにインタビューしたレイマックプレス第147号(2020年11月号)をリリースしました。

 

 

他人からの評価を気にするあまり、自分が本当にやりたいことが見えず、行き当たりばったりだったと振り返る舘さん。それが風船アートの仕事に出会った瞬間、自然に熱中している自分に気が付いたそうです。

 

 

事業は軌道に乗り、今は信頼できる仲間とさらなるステージへと向かっているそうです。インタビューはとても刺激的な時間でした。ありがとうございました。

 

 

 

また応援したくなる、すごい経営者に出会いましたー。

 

ふうせん屋アトリエTACHI https://www.atelier-tachi.com/

 

レイマックプレス https://raymac.jp/club/press/

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

最近のブログentries

月別アーカイブarchives

コンサルプランconsulting plan

情報発信information