名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2017/10/27

もう1回、やってみないかい?

■プルとプッシュ

 

ある経営者と話していて、法人向けの営業をする際に、飛び込み営業が良いのか、ダイレクトメールが良いのか、と質問されました。

 

 

 

もちろん、WEBサイトは用意し、ターゲット層が検索しそうなワードにヒットするようにしておくことは前提条件。

 

 

 

加えてブログやSNS、動画等で発信し、お客様をサイトに誘導する動線を設計しておくことも大事。

 

 

 

これらの「プル(お客様を引っ張る)」の仕掛けをした上で、それでもやり足りない場合は、「プッシュ(攻める)」の営業をする。

 

 

 

待ち(プル)と攻め(プッシュ)の両立てを準備することは、売上げを伸ばしていくために大切なことです。

 

 

■前は飛び込んでいたのに・・

 

飛び込み訪問、ダイレクトメール、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

 

 

飛び込み訪問は効率が悪いし、99%断られますからメンタル的にもキツイ。

 

 

 

しかし、飛び込んだときにこちらの一生懸命さが伝わり、何がしかの「熱」を感じてもらえたとき、出会い頭的にうまくいく場合もあります。

 

 

 

HP、ダイレクトメール、電話では伝わらない、顔の表情や声のトーンや立ち居振る舞いで、共感を感じてもらえることがあるのです人間対人間だから、いくら世の中がWEB化しようとも、
これは起こりうる。

 

 

 

事実、その経営者は、その方法で新規顧客を開拓した経験を持っている。

 

 

 

しかし、今、飛び込み訪問をすることを拒んでいる。

 

 

 

なぜか?

 
 
■つき抜けるきっかけ

 

 

理由を聞いてみると、「以前は切羽詰っていたから、出来た。今はちょっと・・」

 

 

 

つまり、以前は売上げを作るために必死だった。だから飛び込み訪問もいとわなかった。しかし、売上げも安定してきた今、躊躇してしまう自分がいる・・・。

 

 

 

おそらく、前回成功したのは、その必死さがお客様に伝わり、共感してもらえたのでしょう。

 

 

 

人間誰しも、必死に、一生懸命やっている人間に打たれる。そういう人間に目が行く。時に助けたいとさえ思う。

 

 

 

ビギナーズラックの正体は、この「必死さ」がお客の共感を呼ぶことなのかもしれません。

 

 

 

WEBやツールを動かしてスマートに効率的にやることは大事。生産性の追及は経営者の永遠のテーマだ。

 

 

 

それでも、その経営者には、もう一回飛び込んでみたら、とお願いした。

 

 

 

そこにさらにつき抜けるきっかけが潜んでいるように思ったからです。

 

 
■自分レベルの視点で

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

 

 

モノが売れない時代。

 

 

 

お客様は何かを買うとき、誰から買うのか?なぜその人(会社)から買うのかを考えるようになっています。

 

 

 

もちろん最安値であれば誰から買っても良い、というお客様も多い。

 

 

 

そういうお客は大企業に任せておけばいい。

 

 

 

我々中小企業は、最安値競争に参入しても勝ち目はありません。

 

 

 

共感。

 

 

 

お客様に共感してもらい、自分たちから買ってもらえるように理由を提供することが大事。

 

 

 

そのためには感情に訴え、感情を揺さぶることが必要になります。

 

 

 

時に一生懸命やることが、感情を揺さぶることになる。

 

 

 

仕事を始めた当時のような素直な情熱が、お客様があなたから買う理由になったりする。

 

 

 

中途半端に安定してくると、守りに入ってしまう僕たち。

 

 

 

しかしそこが衰退の始まりです。

 

 

 

もう1回挑戦。

 

 

 

自分に言い聞かせています。あなたも、ぜひ。

 

 

 

応援しています。

 

(無料メールマガジン「愛される会社の法則」第622号より)

 

 

 

【セミナーのお知らせ】———————————————-

 

 

11月14日にセミナーを行います。テーマは「あなたのコンサル化」です。

(内容)

モノを売ろうとする姿勢だけが強いと、かえって全く売れないという事態に陥ります。

そうではなく、小さな会社は、顧客が抱えている困りごとやニーズを把握し、その解決をサポートするという姿勢がとても重要です。信頼できる「コンサルタント」となり、顧客の問題解決のために、自分の専門知識と人間性をフル投入していく、というセルフイメージを持つのです。

今回のセミナーは、小さい会社が「コンサルタント」として顧客をサポートするためのスキルや考え方を分かりやすく解説し、すぐに実行に移せるようなアイデアを提供いたします。

【日時】 :2017年11月14日(火) 19時~20時45分(18時半受付開始)

【場所】 :ウインクあいち 904 名古屋市中村区名駅4-4-38

【料金】 :5000円(税込み)レイマッククラブ会員は2000円

※友割あり(ペアで参加されますと、各お客様1000円オフ。但し初参加の方のみ

【定員】 :30名

【懇親会】:あります。予算別途3000円くらいです。

お申込みは→: https://raymac.jp/46thseminar/ 

 

 

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

レイマックプレス第156号は丹羽ふとん店五代目の丹羽拓也さんにインタビューしています。     『作ること、伝えること。両方大事。』     手作り……

>> Raymac pressバックナンバー