名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2012/08/10

10年前のこと

10年以上前、友人(女性)の結婚披露宴に出席したときのこと。

当時僕は勤めていた上場企業を辞めて、中小企業診断士の資格にチャレンジし、経営コンサルタントになろうともがいている時でした。

まあ、つまりは、プータロー状態。

披露宴に出席するに先立って、「職業」を教えてくださいと言われたのですが、無職と書くわけにもいかないので、えいっと「経営コンサルタント」と書きました。

本当はプーなのに・・。

新郎とはその時に初めて会いました。年齢は同じでしたが、向こうは学生の頃から起業しているようなすごい人。お父様も立派な会社を経営されていて、将来はその会社の後継者になる人でした。キラキラと輝いていました。

一方で僕は無職状態。正直、かなりの差だな~、とひとりで焦ったのを覚えています。

新郎新婦がテーブルに来たとき、僕の肩書きが「経営コンサルタント」になっているのを見て、新郎は「じゃあウチの会社もコンサルしてもらいたいな」と、言いました。

社交辞令だとは分かっていても「よろしくお願いします!」と嬉しそうに言う自分が、なんとなく可笑しかったですね。

あれから10年。

僕は経営コンサルタントとして起業し、多くの経営者と切磋琢磨させて頂き、たくさんの素晴らしい経験をしました。どうやれば成果がでるのかも、だんだんと分かって来ました。

実績も徐々に積みあがり、商工会議所のプロジェクトにコンサルタントとして参加させて頂く仕事も入るようになりました。

愛される会社プロジェクトという会員制のコンサルサービスを始めたり、セミナーを定期開催する活動も始めました。そうやって、何とか事業を軌道に乗せ、ここまでやってきました。

あるとき、件の新郎と再会する機会がありました。それがきっかけでセミナーに参加してくれたり、愛される会社プロジェクトにも入会して頂いたりもしました。

さらに、お父様から引き継いだ会社の決算発表会で、僕に講演をして欲しいと依頼してくださいました。

写真はその時の様子です。

ishida

10年前のあの時。まさか、本当にお仕事が頂けるなんて想像すらできませんでした。

お言葉はありがたかったですが、半分以上社交辞令だったはず。

僕自身、経営コンサルティングの仕事をしたいとは思っていましたが、全く自信は無かった。

しかし、挫折を経験しながらも、何とか前を向き、経験を積み上げ、自分の糧にして少しずつ成長してきました。

そして、このたび、こういう機会を頂くことができました。それはそれは、僕にとってとても嬉しい出来事だったのです。

あなたは自分は何かがとても上手に出来ると思おうが、全然出来ないと思おうが、どちらも正しい。(by ヘンリー・フォード)

フォード

自分に自信がなくても、やれるはずだと思うことの大切さ。

できると思えばできるし、できないと思えばできない。自分の考え方次第だよ、とフォードさんは言っているんですね。

自分を振り返ると、自信は無かったけど、なんとなくできるイメージはもっていたかな、と思います。

どうせやるなら、できるイメージを持って挑もう。

改めて、そう思った今回の経験でした。

【追伸】

セミナーのお知らせ

小さな会社こそ、ブランド戦略!!」 ~第21回愛される会社プロジェクトセミナー~

小さな会社ならではのブランド戦略の考え方について、事例を交えて解説します。

■日時:2012年8月28日(火)19時~20時45分

■場所:ウインクあいち1004会議室

■料金:3000円 愛P会員の方は割引、または無料

詳細はこちらから

申し込みはこちらから。

豊田礼人の正しく愛される経営術

【お知らせ】
※愛される会社プロジェクトのご入会はこちらから。

ayato skypeS

※執筆者・豊田礼人の抱腹絶倒の起業物語はこちらから

※マーケティング情報ギッシリの無料メルマガに登録する
登録画面へ

※もっとマーケティング・ビジネスモデルの勉強をしたい方は↓
525円から学べる経営情報誌 レイマックプレス

※小冊子が欲しい方はこちらからどうぞ!
https://raymac.jp/book

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information