名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/10/26

経営相談コーナー Vol.3

豊田です。
→このブログに初めてお越しの方はこちらをご覧下さい。

今日は、経営相談コーナーです。

【Q】

現在小さなペット用品のお店を経営しています。いつも来てくれるお客様はいるものの、なかなか売 上が安定しません。仕入れ代や給料を払うと利益もほとんど残りません。経営のことなどほとんど勉強もせずに初めてしまったので、今、少し焦っています。ど うすれば良いでしょうか?

【A】

ビジネスモデル、マーケティング、マネジメントという面から見てきましょう。

まずビジネスモデルの視点からお話します。

つまり、誰に、何を、どのように提供して利益を得るのか、という商売の根本的な部分です。これをまずはしっかりと見つめなおすことが必要です。

あなたの扱っている商品は良いものだと思いますが、他店(ライバル店)で扱っている商品も同様に良いもののはずです。

その中でお客様に買って頂くためには、誰のために作り、販売しているのかを明確に定め、「あ、これウチの○○チャン(ペットの名前)のためのモノだわ」と思ってもらえるような商品作り、店作りをする必要があります。

近所の奥様、サラリーマンなどのターゲットを見極め、その層に訴える商品づくり、店作りを検討してみてください。

1年以上売れ残っている商品は売り場の新鮮さを奪いますので、それはターゲットのニーズに合っていないものと判断し、売り場から外した方が良いでしょう。陳列のボリューム感が下がる点を心配されていますが、売り場の雰囲気を悪くする死蔵品はむしろ無い方が良いです。

売れる商品の傾向を見極め、売れる商品を充実させ商品の回転率をあげることで資金繰りも楽になるはずです。

必要経費(人件費など)や商品の儲け率(粗利率)から検討して、月に何点、日に何点売れば利益が出るかも計算してみてください。必要な利益を得るために必要な売上点数は何点なのかを知り、そのために必要な商品の内容、ボリュームを検討してみてください。

また、ペットはペットでも例えばネコ専門店にするなど、専門性を高めて掘り下げ、より濃いニーズに対応する店にするなどの方向性も検討してみてはいかがでしょうか。この辺りはもう少し詳しい情報を頂かないと判断できませんが。

まずは、どんなお客様に来て欲しいかを決めて、そのお客様をハグする気持ちでやってみよう。

(by 豊田礼人)

DSCF0174 S

次回はマーケティング面からお話します。

●追伸
デジタルの良さ、アナログの良さを引き出して、マーケティングを活性化させるセミナーを行ないます。

マーケティング講座 デジタルとアナログで売上をアップさせる! 」勉強会
日時:10月27日(水) 19時~20時45分
場所:ウインクあいち 1004
料金:2000円 (愛P会員は割引、または無料)
申し込みはこちらから
前回の様子

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー