名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2022/09/23

社長の考え方が古くて動こうとしないんですけどどうしたらいいですか?

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

昨日はとある商工会さまからのオファーでブランディングをテーマにセミナー講師。最近、ようやくリアルでセミナーが行われるようになってきました。

 

 

1時間半、実際に会った起業家や経営者の具体事例をたくさん入れながら、参加者がなるべく「自分でもできそうだ」と思ってもらえるように構成しました。

 

 

終了後の質疑応答のとき、ブランディングやマーケティングの話はとてもヒントになってすぐに取り組みたいと思うのですがうちの社長の考え方が古くて動こうとしないんですけどまったくもうどうしたらいいですか?とか、家族で飲食店をやっている次男ですが豊田先生のブランディングの話はまさにうちですぐにやりたいと思うことばかりだったのですが兄と母がこういうことに全然興味がなくてホント困るんですけどどうすれば良いですか?という話が相次いで出ました。

 

 

むむ。これはよくあるパターンで、マーケティングやブランディングの話がきっかけでぐっとやる気が高まって進みそうになるも結局社内の人間関係や冷たいコミュニケーションがボトルネックなって進まない、という。

 

 

こういう質問されると「そういう社長(親)とは決別しなさい」と言いたいのだけれども、それをいうと話が終わるので(微妙な空気にもなる)、「社内で方向性について一度よく話し合ってください」とか「まずはあなたができることを率先して影響の輪をひろげてください頑張ってください」という誰でも思いつきそうなアドバイスをするしかなくて本当に申し訳なく思ったりしています。

 

 

自分以外の誰かを動かすのは本当に難しい。やはりまず、自分が動くしかないよな、と思いながら高速を飛ばして帰りましたという話。

 

 

テキストの画像のようです

マーケティングの基礎を学びたい人へ ↓↓↓

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎月発行
Raymac press 最新号

レイマックプレス第171号は有限会社長井紙工の代表取締役社長、長井浩司さんにインタビューしています。     『付加価値つけて、あとは人のご縁で』   &nbs……

>> Raymac pressバックナンバー