名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2011/12/19

業績を著しく向上させる活動とは?

日本のビジネスマンは効率的に働いているか?やや専門的に言うと、「日本人の労働生産性は高いか?低いか?」という質問。1人の就業者が付加価値をどれだけ生んだか?ということです。

答えは、先進7か国で最下位、OECD(経済協力開発機構)加盟33カ国中、22位。(日経MJ2011年12月16日号)

上位には、ルクセンブルグ(1位)、ノルウェー(2位)、アメリカ(3位)という国が並びます。

世界第3位の経済大国だけれども、1人1人の生産性は高くない、というのが正解のようです。

欧米の人たちは仕事はほどほど、余暇を楽しみながら、ゆったりと人生を過ごす一方で、日本人はアクセク働き、仕事に追われ、ろくに遊んでいない、というイメージがありますが、

「欧米の人たちは、やるときにはガッとやって効率的に稼ぎ余暇も楽しむ一方で、日本人はダラダラ時間を過ごし、成果もあまりあがらず、余暇時間もなくて遊べない」

というのが、現状を正しく表しているのかもしれません。

ところで付加価値とは、何でしょうか?

付加価値の定義はいろいろありますが、ここではざっくり「粗利額」と考えましょう。

粗利額とは、売上から原価(製造業なら製造原価、小売・卸業なら仕入値)を際し引いた残りの利益です。

中小企業全産業平均で、一人当たり付加価値額(労働生産性)は約500万円。(中小企業庁、H20年値)

ここから必要経費を差し引いて、給料が払われると考えると、やっぱりちょっと低いですよね。

じゃあ、労働生産性を上げるためには、どうすれば良いか?

1人あたりの付加価値を上げるにはどうすれば良いか?

いろいろと方法はあると思いますが、まずは自分にこの質問をしてみてはいかがでしょう?

常日頃から行なっていれば、あなたの業績を著しく向上させる活動がひとつあるとするなら、それは何だろうか?(by スティーヴン・R・コヴィ)

豊田礼人の正しく愛される経営術

自分の行動を振り返り、成果が上がると思われる活動、時間が半分に短縮できるというアイデア、それは何か?

それをまずは考えてみよう、というコヴィさんの提案です。

愛される会社になるために、生産性の向上は欠かせません。生産性の低い会社は、関係者に利益を分配できないから、愛されません。

僕も、考えてみます。

ぜひ、あなたも。

応援しています!

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー