名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/07/30

嫌われてこそ、成功の証

アメリカのIT業界の中で、マイクロソフトは嫌われ者だったそうです。

その理由は、「1位だから」。

1位の企業は、それだけファンが多いからこそ1位であるわけだけど、その反面「アンチ」も多いということです。巨人ファンは日本中で最も多いけど、アンチ巨人もそれに負けないくらい多いのと同じ。

しかし、今年になってアップルが時価総額でマイクロソフトと抜いてしまった。アップル製品は、マッキントッシュを筆頭に、「非主流派」「アンチウィンドウ ズ派」に支持され、巨大な1位に挑戦する姿勢そのものが、「アップルらしさ」になっていたところもあります。だから、1位になると、そのブランドイメージ の修正を求められるのでは・・?とメディアは報道しています。

1位になったアップルは、これから何を目指すのか?1位ゆえに発生する「アンチアップル派」とどう対峙するのか?

先日、愛される会社プロジェクトの会員さんと話していたとき、「マスメディアに登場すると、2チャンネルに書き込まれる」と苦笑いしていました。

目立つと必ず、妬む人が出てくる。それは大企業も中小企業も同じ。

しかし、それは自分が成長しているからこそなのだと思います。

「アンチ」が生まれてこそ、本物。

嫌われることは、成功の証のなのかもしれませんね。

●愛される会社になるための経営ネタ、ビジネスモデルネタ、マーケティングネタを提供するメルマガ
『愛される会社の法則」 も合わせてお読み下さい。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

木曽三川電力みのかも株式会社 代表取締役

加藤慎康さん

【経営コラム】

中小企業はM&Aをどう活用するか

【書籍紹介】

『事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践』栗原康太著      

>> Raymac pressバックナンバー