名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2015/11/18

嫌われていいさ

友人と飲んでいた時に聞いた話。

 

その友人、ボクシングの亀田興毅さんが、テレビのバラエティー番組出ていたのを見た、と。

 

その時、亀田さんは出演者に「あんなに皆に批判されて、つらくないですか?」と質問されたそうです。

 

その時亀田さんは、

 

「自分は商品なんで、アレコレ言われるのは当然のこと」という主旨の解答をしたのだとか。

 

お客さんは、商品に対して、好きとか、嫌いとか、何かいいねとか、ダサいとかカワイイとか、いろんな感想を持つのは至極当たり前のこと。

 

で、好きだったら買うし、嫌いだったり、自分に必要ないと思えば買わない。

 

それだけのことじゃん、と。

 

自分は「亀田興毅」という商品なので、お客さんの好き嫌いはあって当然でしょ?ということです。

 

以前まで亀田さんのことを好きではなかった友人でしたが、

この発言にいたく感銘し、彼のことにすごく興味が湧いた、と言っていました。

 

確かに。

 

商売をする僕たちは、お客さんから見たら、商品なんですね。

もっと言えば、会社やお店も丸ごとひっくるめて、商品。

事業自体が商品。

 

それが好きか嫌いかを、お客さんが決める。

良ければ買ってくれるし、ダメならサヨウナラ。

 

なるべく多くの人に好きになってもらいたいけど、全ての人に好かれるのは無理。

 

むしろ、好かれたい人を特定し、その人に好かれるように自分を磨く。

会社を磨く。商品自体を磨く。

 

他の人には、嫌われていい。

商品なんだから、好き嫌いがあって当然。それが自然なことなのだ、と。

 

 

生意気な態度が売りだった亀田さんですが、

いろんな経験を経て、

人間的に大きくなったんでしょうね。

 

この話を聞いて、

僕も彼のことが気になり始めました。

 

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information