名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/11/17

印刷市場はまだまだ大きい!

印刷市場が縮小している。

1998年以降ほぼ一貫して縮小し続け、09年の出荷額は約6兆2500億円で、ピークだった91年と比べほぼ7割の水準に落込んでいるようです。

この6兆円について、もう6兆円しかないと見るか、まだ6兆円もあると見るかによって、行動の仕方は変わります。

多くの印刷関係者は、ピーク時の7割に市場が減少したことや、最近の電子書籍の普及などの脅威におびえ、もう6兆円しかない、と嘆いているようです。

もちろん、かなり楽観的にみてもさらに市場は縮小することは間違いないと思います。

しかし、紙の印刷物がレコード針のような運命を辿ることも想像しにくい。

縮小していくとは言え、むしろ印刷市場はまだまだ大きいととらえるべきだと思います。

広告市場 5兆円
百貨店市場 7兆円
ネット通販 6.7兆円

人材派遣市場 6.5兆円

だいたいの数字ですが、印刷市場はこういった市場と比べても見劣りしない巨大市場です。

問題は、業者が多すぎることです。供給過多なので、市場縮小につれ多くの印刷会社が淘汰されるでしょう。その時、いかに生き残れる会社になっておくかが喫緊の課題です。

生き残れる会社とは、『お客様を喜ばせられる』会社です。そのためにはお客のニーズを明確にすることが大事です。

競争は消費者ニーズを満たす争いというよりも、むしろ消費者のニーズを明確化する争いなのである。(by フィリップ・コトラー)

コトラー

お客様のニーズを明確にし、そしてそれを満たし、喜ばせてあげましょう。

あなたの会社はどんなお客様を喜ばせるのが得意でしょうか?

そのお客様(ターゲット)を明確に設定することも非常に大切です。

是非、社内で議論してみてくださいね。

応援してます!

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー