名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2011/11/15

偉大な2人が同じことを言っていた。

NEC主催のC&Cフォーラムに行き、偉大な2人の講演を聞きました。

将棋棋士の羽生善治さんと、スタンフォード大学で起業家育成プログラムを担当するティナ・シーリグ先生。

羽生さんは著書『大局観』の中で書かれていた内容を中心に、物事をどう決断するかについて、将棋の話を交えながらのお話。

淡々とではありましたが、将棋の世界でとんでもない偉業を成してきた人の話だけに、ひとつひとつの話がビンビン響きました。

豊田礼人の正しく愛される経営術

ティナ先生は、アイデアとイマジネーションの大切さについて。

英語の同時通訳機が配られたのですが、それを聞きながらだと全くティナ先生の直接のエネルギーが感じられないので、通訳機無しで聞くことにしました。

だから英語の内容は半分くらい(それ以下かも?)しか理解できませんでしたが、生のティナ先生のパッションは存分に感じ取ることができました。

印象的だったのは、この2人が奇しくも同じことを言っていたことです。

それは、新しいものは古いものの組み合わせから生まれる、ということです。

将棋の新しい戦い方も、過去の経験や事実を組み合わせることで生まれる、と羽生さん。

ビジネスのアイデアも、既にあるもの同士をつなげたり結合したりすることで生まれる、とティナ先生。

人種も職業も性別も全く異なる2人が、同じ場所のほぼ同じ時間に、「組み合わせの大切さ」を強調されたことはとても興味深かったです。

Connect & Combine (by ティナ・シーリグ)


豊田礼人の正しく愛される経営術

このメッセージ、あらゆるビジネスマンに必要なことだと思います。

最後に、ティナ先生にサインをもらい、握手をしてもらうというミーハーっぷりも発揮(笑)。

壇上の先生は超アグレッシブでしたが、その時の先生はとても気さくで優しい人だと感じました。

このセミナーで学んだことを、是非、仕事に活かして行きたいと思います。

ありがとうございました。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

木曽三川電力みのかも株式会社 代表取締役

加藤慎康さん

【経営コラム】

中小企業はM&Aをどう活用するか

【書籍紹介】

『事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践』栗原康太著      

>> Raymac pressバックナンバー