名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2008/07/02

丸亀製麺

先日、セルフうどん店「丸亀製麺」に行ってきました。

いつも行列が出来ているこのお店が気になっていて、ようやく行くことができました。
お昼の開店11時に行くと、続々とお客さんが集まってきます。広い駐車場がみるみる
うちに一杯になっていく、このスゴイ集客力にまず驚きます。

店内に入ると、うどんをゆでる人、天ぷら揚げる人、ツユを入れる人、レジ打つ人などが
一直線に配列され、客はお盆を持って注文し、うどんを受け取り、トッピングし、お金
を払います。ボクはかけうどんにかき揚げをのせ、計410円でした。
素うどんは280円ですが、天ぷらをのせたり、オニギリを追加していくとだいたい500円
くらいになるようです。味も美味しいですよ~。

この丸亀製麺、「トリドール」という会社が運営しています。物価高の中、低価格を武器に
した戦略は順調で、既存店売上はぐんぐん伸びてるそうです。今期も80店の出店を
計画しているそうで、3年間で300店の出店目標だとか。すごいですね。

人気の秘密は、その低価格に加えて、「見える化」を徹底していることのようです。
手作りしているところを見ながら買えるというのは、食の安全に厳しい目を向ける
現代の消費者に安心感を抱かせます。それに、小気味よく働く店員さんを観察できる
というのは、単純に楽しいですしね。

また、外から店内がとてもよく見える店舗設計になっているので、とおりすがりの人や、
車の中からでも店の中の活気が見て取れます。これも強い集客力の一つになっている
ようですね。

行列が出来る店は、なるほどと思わせる工夫が一杯あって、わくわくします。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー