名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/08/11

三省堂の渾身?の新サービス

大手書店の三省堂が、店頭で注文を受けてから10分で紙の本を仕上げるオンデマンド出版サービスを始めるそうです。(日経MJ20100811号より)

これは、来店した顧客に対して、目当ての本の在庫が無くても、データから印刷~製本までして、その場で紙の本として販売しますよというものです。待ち時間も10分で済むとか。古い本などのロングテール商品も書店で買えるというサービスです。

このサービスには、グーグルがデジタル化した300万冊の洋書などのデータを使うそうです。

書店が在庫を持たなくて済むこのモデルを三省堂は「電子書籍時代に書店が生き残る切り札」と言っているそうですが、果たしてその通りになるか。

記事を読む限りでは、その本の出来栄えがどの程度になるのか分かりません。でも想像するに、出版された本よりは劣るでしょう。

それならば、アマゾンで検索して本物の本を買った方が良くないですか?

あるいは、アマゾンでは買えないくらい希少な本を買いたい人をターゲットとするのでしょうか?だとすると、とても採算に合う量のニーズは無いと思えます。

電子書籍端末と本物の本の中間に位置するようなこのサービス。

どれくらいニーズがあるのか、あるいはないのか?

今後の動きに注目していきたいです。

●追伸
今日は息子、妻、姪っ子の4人でプールに行ってきました。お昼にブロンコビリーで爆食したのを反省してプールでは目いっぱい泳ぎましたが、体重計はごまかせませんでした。

●愛される会社になるための経営ネタ、ビジネスモデルネタ、マーケティングネタを提供する無料メルマガ
『愛される会社の法則」 も合わせてお読み頂けると嬉しいです。読者の声はこちらから。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー