名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2011/01/21

一喜一憂しない人が成長する。

起業してからいろいろな経験をしてきました。上手くいったこともあるし、失敗したこともある。

その時その時の結果に応じて、喜んだり落込んだりしてきたわけですが、失敗して落込んでいる時は本当にツライものです。

失敗したことを反省することは重要ですが、いつまでも「ああすれば良かった。こうすれば良かった」と悔やんだり、「オレって、なんてダメなヤツだ」と自分を責めてばかりいることは良くありません。

後悔したり自分を責めている間、行動は完全にストップしています。

その間に、時間はどんどん過ぎていく・・。

事業を成長させるためには、良い戦略を立て、すぐに行動することはとても重要です。

失敗した時こそ、自分を責めるのではなく、戦略が未熟だったのだと割り切り、新たな戦略を立て、すぐに次の行動に移ることが大切です。

これがなかなか難しいのですが、戦略が失敗だったと気づいた時や、ミスをしてしまった時、いかに素早く切り替えて、新しい戦略を立て、行動に移せるかが勝負の分かれ目になる。

だとすれば、普段から気持ちの切り替え方法を考えておくことも重要ですね。

ランキング200位に入る世界クラスのテニス選手は、技術的には同じ。明らかな違いは、ボールを打ち合うコートにはなく、試合の合間の休憩時間にある。負ける選手は、そのたびごとの結果に一喜一憂するが、勝つ選手はうまくやろうが、ミスしようが、結果にとらわれず、たんたんと最後までプレーする。(by 神田昌典)

豊田礼人の愛されるコンサルタントで行こう

2011年、一喜一憂せず、いい時も悪い時もたんたんと過ごせるか?

心がけたいと思います。

あなたも、是非。

応援してます!

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

木曽三川電力みのかも株式会社 代表取締役

加藤慎康さん

【経営コラム】

中小企業はM&Aをどう活用するか

【書籍紹介】

『事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践』栗原康太著      

>> Raymac pressバックナンバー