名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2011/07/20

なぜ、なでしこリーグ選手の年俸は低いのか?

なでしこジャパンの顔とも言うべき澤選手の年俸が360万円と聞いて少し悲しくなりました。

日本の、そして今や世界のトッププレーヤーと言っても過言ではない同選手としては、これは低すぎる。

男子サッカーのJリーグ選手の年俸を調べると、中村俊輔選手(横浜M)や遠藤保仁選手(ガンバ)などのトッププレーヤーは1億円を超えているようです。(インテルの長友選手は別格で推定2億4千万円とか)

なぜ、なでしこリーグ選手の年俸は低いのか?これは、「市場が小さいから」と言うしかありません。つまり、顧客がいない。

スポーツ選手は、トッププレーヤーになるために、技術や体力、それに精神面などを鍛える。そのために、生活のすべてをささげている選手も大勢います。

しかし、そのプレーヤーを見たいと思う顧客が少な過ぎれば、市場はできない。出来たとしても小さすぎて、ビジネスとして成り立たない。ニッチを狙うことはマーケティングの世界ではひとつの戦略として推奨されますが、ニッチ過ぎるとアウト、ということです。

なでしこジャパンのW杯優勝は涙が出るほど感動しましたが、今後なでしこリーグが盛り上がるかといえば、それほど簡単ではないでしょう。男子よりもスピードもスキルも劣るリーグに顧客を呼び込むには、いろんな工夫が求められると思います。

日本で男子より人気がある女子スポーツといえば、ゴルフ。試合数も男子よりも多く、トッププレーヤーは1億円以上を稼ぎます。世界的に見れば、女子テニスも人気がありますよね。

では、これらの人気女子スポーツの「人気の秘密」は何か?

まったくの私見ですが、「女性ならではの華やかさ」を持ちながら、かつ「男以上の闘志」が見えたとき、観客は魅了されるのだと思います。

企業の目的の定義は一つしかない。それは、顧客を創造することである。(by P.F.ドラッカー)

drakka

なぜ女性がやるのか?男子より面白いのか?という問いに対し、しっかりとした答え(=コンセプト)が無いと、顧客は創造できず、市場も大きくなりません。

「女性ならではの華やかさ」&「闘志」を兼ね備えたプレーヤーをいかに増やすか。

なでしこリーグの将来は、これにかかっていると思います。

応援してます!

ayato skypeS

当メルマガの登録は簡単&無料です。登録後の解除もご自由にできます

メルマガの登録は簡単です。下記の空欄にメールアドレスをご記入ください。毎週金曜日の朝8時にメルマガをお届けします。解約も簡単ですので安心してください。
※当メルマガは「まぐまぐ」を通じて発行しています。

登録フォーム

解除フォーム


>>メルマガ読者様の声はこちらをご覧ください。

>>メルマガのバックナンバーはこちらをご覧ください

※執筆者・豊田礼人の抱腹絶倒の起業物語はこちらから

※もっとマーケティング・ビジネスモデルの勉強をしたい方は↓
525円から学べる経営情報誌 レイマックプレス

※小冊子が欲しい方はこちらからどうぞ!
https://raymac.jp/book

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー