名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2013/07/31

なぜ、あなたはブランドを確立できないのか?

いくら良い商品でも、きちんとブランディングし、顧客に伝わるようにしないと売れませんよ。だから、ターゲットを明確にし、マーケティング戦略をしっかり立てましょう。

マーケティングの世界でよく聞くお話です。

これは確かに正しい。同じような品質の商品でも、マーケティング戦略の優劣で売上に大きな差がついてしまう例はたくさんあります。

しかししかし。

問題は、本当に「良い商品」であるかどうか。ここを真摯に追求しているかどうか。顧客へ与える価値が相対的に低い商品なのに、ブランディングやプロモーションで何とかしようとするのは本末転倒です。

「新商品ができました!マーケティング戦略の相談に乗ってください!」

と呼ばれて行ってみると、商品そのものの「ツメ」がすごく甘い、というケースに直面したことが、実際にあります。商品が完成した喜びと、売ることを優先するあまり、顧客が買いたい商品かどうかの検討が緩いんですね。

マーケティングよりも、商品そのものの価値を高め、顧客が抱えている問題を解決し、喜ばせることができるか。この視点がすごく重要だと思います。

さて、

商品重視のスタンスで不動の地位の築いているのが、「ポーター」ブランドで有名なバッグメーカー、吉田です。

かばん
2013年7月26日の日経MJによると、吉田の強さは「素材開発力」にあるそうです。素材メーカーと長期に渡って開発に取り組み、オリジナル素材による個性あふれるバッグを生み出しているのだとか。

マーケティングよりも、開発に時間をかけ、他社との本質的な差異化に取り組んでいることが、多くの顧客に支持されているのだそうです。

強力なブランドを持つための唯一可能な方法は、高品質製品やサービスを提供することである。(by 不明)

まずは顧客にとって価値ある商品であるために、商品をピッカピカのキッレキレに磨き上げること。それが強いブランドになるためにはとても重要になるのだ、と。

まずはそこから始めてみましょう。もう一度見直してみましょう。

応援しています。

【お知らせ】
※愛される会社プロジェクトのご入会はこちらから。

ayato skypeS

※執筆者・豊田礼人の抱腹絶倒の起業物語はこちらから

※マーケティング情報ギッシリの無料メルマガに登録する
登録画面へ

※もっとマーケティング・ビジネスモデルの勉強をしたい方は↓
525円から学べる経営情報誌 レイマックプレス

※小冊子が欲しい方はこちらからどうぞ!
https://raymac.jp/book

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー