名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2015/09/11

個を売り、続けることで業績は伸びる

■小売店のコンサルティング

 

 

先日、ある小売店さんのコンサルティングをしました。

 

 

このところ売上が伸び悩んでいることに加え、

同業の大手企業が近隣に出店することが決定し、

今後は更なる競争環境の激化が予想される、という状況。

 

 

当然、売上が下がる恐れがある。

 

 

しかし、それを黙ってみているわけにはいかないので、

何とか売上を上げていく方法について豊田さんと相談したい、

ということで呼ばれたのです。

 

 

会ってみるととてもやる気のある店主さんで、

こちらも気合を入れてコンサルティングを行いました。

 

 

その店主さん、

今まで自分の頭の中で悶々と考えていたことを、

言葉に出して話したことですっきりし、

やるべきことが明確になったようです。

 

 

ミーティングが終わった時は、

始まる前より元気になったように見えました。

 

 

■代表者のキャラを売る

 

 

それで、

具体的に売上を上げていく方法を検討していく中で、

ターゲット層にリーチするためには、

ネットよりも紙の方が良いだろう、

という結論になりました。

 

 

それでチラシやダイレクトメールによるプロモーション戦略を

練り直したのですが、

やはり中小企業ならではの特色を出すために、

代表者のキャラクターを活用するのが得策。

 

 

中小企業が商品やサービスでブランディングすることはとても難しいので、

そこにいる人、特に経営者が自らの言葉で発信し、

顧客の心の中に入り込み、

それによって指名される状況を作り出していくのです。

 

 

限られた経営資源をいかに有効活用して売上に結びつけるかが

会社経営においてはとても重要ですが、

 

 

中小にとっては、「経営者」こそが

すごく重要な経営資源になるのです。

 

 

■必ず誰かが見てくれている

 

 

あとは、続けること。

 

 

チラシ、ニュースレター、メルマガ、SNS・・

 

 

プロモーションのツールはいろいろありますが、

重要なことは、これらを使って発信を続けることです。

 

 

すぐには反応が取れなくても、

必ず誰かが見ていてくれます。(これは僕が保証します)

そして、どれだけ根気よく続けられるか。

 

 

大企業だと、

個の特性を前面に出したプロモーションはやりにくいし、

結果が出ないことを長く続けることも許されません。

上から「結果が出ないならやめてしまえ」という指示がすぐに飛んできます。

 

 

 

だからお金を使って、

即効性のあるプロモーションを重視します。

しかし、

その方法ではメッセージが届かない顧客が必ずいます。

 

 

ここに、中小の戦える余地があります。

 

 

個のキャラクターを出すことで、

顧客と1対1の関係性を作り出し、

それをじっくり育てていく。

 

 

こういうやり方って、

大手には出来ないんですよね。

 

 

■自分レベルの視点で

 

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

僕は事業を成長させるための秘策なんて無いと思うんです。

 

 

いかに当たり前で地味なことを、

ブレずに、愚直にやり続けられるか、

なんですよね。

 

 

僕自身も自分のキャラクターを出しながら、

結局はメルマガとか、ニュースレターとか、

セミナーとかを

地味に続けてきたからこそ、

今、やれているんだと思います。

 

 

まあ、急激に業績が伸びることはありませんが、

コツコツと着実に伸びていく感じです。

 

 

気づくと、いつも、そこにいて、

地味に頑張っている人であり、会社。

 

 

そういう存在が、

長期安定的に成長していけるのだと思います。

 

 

僕は、そういう人や会社を応援したいと思います。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー