名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2022/07/09

力を入れすぎると、空振りする。力が抜けるとミート率が上がる。しがみつくと逃げられる。忘れているとやって来る。

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマック・コンサルティングの豊田です。

 

 

 

今日は【しがみつくと逃げられる。忘れているとやって来る。肩の力を抜いて、手放すことの大切さ】について考えてみましょう。

 

 

◆忙しい時にこそ新規開拓を

 

 

先日、あるクライアント様の営業マンと話していて、「忙しいときほど新規開拓しなくちゃね」と彼が言っていて、ホントそうだよねと納得しました。

 

 

 

忙しいときに、「今、売上は十分あるから新規客なんていらないけど、ま、近くに来たから寄っておくか」というときほど、新規開拓は上手くいくものだということです。逆に、業績が下降してから慌てて新規開拓しようとすると、「仕事獲らなきゃ!」とプレッシャーがかかりすぎて、うまくいかない。

 

 

 

力が抜けていると、自信が満ちて見え、パフォーマンスが上がる。肩に力が入りすぎていると、余裕がなくなり、それがお客様にも伝わり、うまくいかない。こういうメンタルの部分が仕事の成果に与える影響って馬鹿にできないんですよね。

 

 

 

◆余裕がある人から買いたい

 

 

頑張った時ほど結果が欲しくなるのが人間です。こんなに頑張ったんだから、報われたい!と思うんですよね。(僕も思います)

 

 

 

でも、お客様からしてみると関係ない。一生懸命頑張っているかどうかは、当たり前で。それよりも、自分に役立つ人かどうか、自分に役立つ提案をしてくれるかどうかが大事です。

 

 

 

加えて、プレッシャーから余裕がない人よりも、どこか堂々としていて、笑顔で気持ちよく接してくれる人から買いたいですよね。

 

 

◆待てば待つほど来ない

 

 

これって、追いかければ追いかけるほど逃げていく、っていうやつです。人間関係でも、こういうことはよくおきます。待っているときほど、待ち人からの連絡は来ないのも同じ。あの企業に提案したあの案件について、連絡が来ないかな~とメールをチェックしているときは連絡は来ない。

 

 

 

そんなことは忘れて昼寝でもしている時ほど、電話が鳴ったり、メールが来ていたりします。

 

 

 

気持ちを込めて仕事をすることは大事ですが、力が入りすぎたり、しがみつき過ぎたりしていると、パフォーマンスも下がり、運もめぐってこないのかなと思います。

 

 

 

◆自分レベルの視点で

 

 

 

自分レベルではいかがでしょうか?僕たちは、肩に力が入りすぎていないだろうか?

 

 

 

仕事を得ようとするがあまり、余裕をなくし、それがお客様に伝わっていないだろうか?

 

 

 

力を入れすぎると、空振りする。力が抜けるとミート率が上がる。しがみつくと逃げられる。忘れているとやって来る。つまりこれって、未来や過去にとらわれ過ぎず、目の前のことに集中せよってことですよね。

 

 

 

来なかったあの客より、今日来てくれた目の前のお客様に全力で対応しよう。

 

 

 

そこに集中していれば、忘れたころに、あのお客様もやって来る。

 

 

 

手放そう。

 

 

 

応援しています。

 

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第776号を一部修正)

 

 

※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

マーケティングの基礎を学びたい人へ ↓↓↓

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information

毎月発行
Raymac press 最新号

レイマックプレス第171号は有限会社長井紙工の代表取締役社長、長井浩司さんにインタビューしています。     『付加価値つけて、あとは人のご縁で』   &nbs……

>> Raymac pressバックナンバー