名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」


Warning: Missing argument 1 for query_posts(), called in /var/www/home/raymac.jp/htdocs/wp-content/themes/raymac/archive.php on line 17 and defined in /var/www/home/raymac.jp/htdocs/wp-includes/query.php on line 96

2021/05/07

アクセスしやすい人に、オレはなる!!!!!!!!

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

今回のテーマは、「アクセスしやすい人になる!」です。

 

 

 

 

◆コンビニ撤退の跡地に新規開業するお店は?

 

 

近所のコンビニが閉店し、ビニールシートに覆われて、次に入るお店の工事をしていました。うちの奥さんを始め近隣の住民は、「次はどんなお店ができるんだろう?」と楽しみに待っています。ケーキ屋さんかな?パン屋さんかな?お花屋さんかな?と。

 

 

で、完成したのは葬儀屋さん。

 

 

 

もちろん葬儀屋さんも大切なお仕事ですが、うちの奥さんはじめ近隣住民は、期待が外れて軒並みがっかりしたようです。

 

 

 

◆近くの、ちょっといい感じの店

 

 

自分が住んでいる近くに、新しいお店が出来ると、近隣住民はワクワクします。その店が「ちょっといい感じ」であれば、さらにワクワクは増す。自分たちの地元が、そのお店によって少し魅力的になる。地元民は誇らしい気分になります。

 

 

 

一般的に、お店や会社のコンセプトを尖らせて、ライバルと差別化したり、ピンポイントのニーズをくみ取る戦略は、我々小さな会社にとってはとても重要です。

 

 

 

その一方で、コンセプトがそれほど尖っていなくても、「近くに」「ちょっといい感じ」であれば、住民は嬉しい気持ちになり、喜んで出かけていくことも、まま、ある。

 

 

 

何が正解なのかを探るのは本当に難しいのですが、結局、「答えはお客さんが知っている」、ということなのだと思います。

 

 

 

◆アクセスの良さで抜きん出る

 

 

「近くにある」ということは、アクセスしやすい、ということです。つまり行きやすい。通いやすい。人間だれしも基本的には面倒くさがり屋なので、アクセスの良さというのは大きなアドバンテージになります。

 

 

 

名著「ファイブ・ウェイ・ポジショニング」では、ビジネスにおける重要な5つの要素の1つとして、「アクセスの良さ」が上げられています。(他の要素は「価格」「サービス」「商品」「経験価値」)

 

 

著者は同書の中で、「今日、アクセスとは立地というより、消費者が望むときに望む場所で、なるべく邪魔が入らず面倒もなく、企業とやりとりできるようにすることを指す」と述べています。つまり地理的に近いことももちろん、「心理的に近い」ことも大切だ、ということです。

 

 

 

例えば、知っている人や店・会社からは買いやすい。知らないところと比較して少しだけ信用があるからです。ですから友人・知人に対して、自分がどんな仕事をしているのかをきちんと伝えることは、心理的近さというアドバンテージを活用するという意味で、とても重要。

 

 

 

知っている人が、「ちょっといい感じ」に仕事をしていればなおさら、一言声をかけてみたくなるものです。

 

 

 

◆自分レベルの視点で

 

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

 

 

僕たちは、「アクセスしやすい」というメリットを活用しているでしょうか。まず近くの顧客にアピールしているか?見やすい看板を立ててるか?友人・知人にアピールしているか?ホームページやブログなど、分かりやすく、簡単便利に問い合わせしやすくしてあるか?

 

 

 

それからレスポンスの確かさ・速さも大事。メールしても返事がない人、遅い人は、「アクセスしにくい人」。それだけでチャンスを逃します。ターゲットやコンセプトを明確にすることはビジネスの前提として重要。

 

 

 

それに加えて、「ちょっといい感じ」になっているか?近い友人や住民が誇らしく思ってくれるような、いい感じの会社・店・事業になっているか?

 

 

 

アクセスのしやすさは武器になる。さらにちょっといい感じであればなお、よい。

 

 

 

シンプルだけど重要なこと。僕も一度考えてみます。ぜひあなたも。

 

 

 

応援しています。

 

 

 

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第751号2019/9/13を一部修正)※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

2021/04/23

5割の人は「自分を磨かない」

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

今回のテーマは、「5割の人は『自分を磨かない』」です。

 

 

 

 

◆勉強しない日本人

 

 

 

日本のビジネスパーソンは勉強不足――。

 

 

 

パーソル総合研究所がまとめたアジア太平洋地域の就業実態調査で、こんな姿が浮き彫りになりました。(日経MJ2019/9/4)

 

 

 

この調査によると、勤務先以外での学習や自己啓発について、日本は「特に何も行っていない」と答えた人が46%で、調査した14か国・地域で最も高かったそうです。2位のニュージーランドと比べて24ポイントも差があるダントツぶり。一方、東南アジアやインド、中国では「特に何もやっていない」は1割未満。日本人ビジネスパーソンの「一人負け」の怠慢ぶりが明らかになってしまいました。

 

 

 

この調査を受けて専門家は、「日本の人材の魅力が乏しくなり、国際競争力の低下が懸念される」と警笛をならします。

 

 

 

◆あなたが気に病むことはない

 

 

 

このニュースを知って、あなたはどう感じましたか?「やばいよ。日本の競争力がますます落ちるよ・・・」と暗い気持ちになりましたか?

 

 

 

はい。そうですよね。僕もまじかよ、と思いました。だってダントツのサボりっぷりですからね。しかしだからといって、こういう社会問題を個人的に気に病んでもしょうがない。

 

 

 

天才数学者ジョン・フォン・ノイマンは「世界で起きている出来事は、あなたの責任ではない」と言いました。自分がやれることは限られている。意識的に社会に対して無責任でいると、
以前よりずっと幸せを感じられるようになる、と物理学者のR・ファインマンも言っています。

 

 

 

つまり、日本のビジネスパーソンが不勉強であることはどうしようもない。あなたが「日本人よ、もっと勉強しよう!」と呼びかけても、大勢は変わらない。このことを気に病んでもしょうがない。無責任でいていい。

 

 

 

それよりも、自分自身がやるべきことに集中した方が何倍もいい。

 

 

 

(追記:新型コロナウイルスの感染拡大についても、心配してひとりで気を病んだところで何も変わりません。世間に向かって「人と会わないで!必ずマスクをして!」と訴えたとしても、人は変わらないし動かない。ひとそれぞれ、そうしない理由がある。人流が止まると困る人もいるので、言い方によっては叩かれたりもする。だからただもう、無駄な心配はしないで、自分ができることを粛々とするしかありません) 

 

 

◆抜きんでるチャンス

 

 

さてさて、日本人のビジネスパーソンが、他国に比べて全然自己研さんしていない。これは嘆くべきことか?いえ、チャンスです。なぜなら、あなたが経営者ならばこれは、あなたのライバル会社の半数は、ほとんど勉強していない社員を抱えている、とも言えるから。あなたがビジネスパーソンならば、周りの人たちの半数は仕事時間以外を遊んで暮らしている、とも言えるから。

 

 

 

ですから、あなたがちょっと社員の意識を「自己研さん」に向けさせることができれば、あるいはあなた自身がちょっとだけ仕事外の時間を勉強に充てれば、たちまち抜きんでることができるはず。

 

 

これをチャンスと捉えない手はありません。

 

 

◆自分レベルの視点で

 

 

自分レベルではいかがでしょうか?

 

 

 

あなたはプライベートの時間を何に使っていますか?

 

 

 

仕事以外にもいろいろとやることがあるのは誰しも同じ。家族との時間も大事、友人や恋人との時間も大事、趣味の時間も大事、あるいは親の介護で大変な人もたくさんいるでしょう。ダラーっとテレビを見る時間でさえ、心身のバランスを整えるという面では意味があるとも言える。

 

 

 

でもそれは承知の上で、言います。日本の未来はさておき(ここに対しては無責任でOK)、あなたの未来のために、勉強に時間を投資してみよう。少し意識を変えて、時間の使い方を変えて、行動を変えてみよう。

 

 

 

だってライバルの半数は寝ているんです。こんなチャンスはなかなかない。寝ているうちにヌケガケしよう。そーっと。

 

 

 

自分の教育への投資は絶対に無駄にならない、確実な投資案件です。

 

 

 

全部、自分に言っています。笑

 

 

応援しています。

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第750号2019/9/6を一部修正)※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

2021/04/09

リアルスタイル鶴田さん。出会った人と、心でつき合う

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

【151発目。出会った人と、心でつき合う 編】
名古屋をはじめ、全国にインテリアショップを展開するリアルスタイルの 鶴田浩社長にインタビュー。

名古屋の東別院の本店からスタートし、仙台や東京などにも店舗を広げ、先ごろはJR名古屋タカシマヤにも出店されました。その出店戦略の秘密や出会った人とのご縁をつなぐ姿勢についても教えて頂きました。

今回で151人目のインタビューとなりましたが、実は鶴田さんは第1号に登場してただいたんです。あれから12年、すべては鶴田さんから始まったのです。

 
 
 
 
久しぶりにじっくりお話が聞けてしみじみと感動しました。相変わらずエネルギッシュでパワーをたくさん頂きました。ありがとうございます!レイマックプレスの151号に掲載中です。
 
 
 
 
リアルスタイル https://www.real-style.jp/
 
 
レイマックプレス https://raymac.jp/club/press/
(レイマッククラブ会報誌「レイマックプレス」は151カ月間休むことなく連続発行中です。)

※レイマックプレスの購読をご希望の方は、レイマッククラブに入会して頂く必要がございます。
レイマッククラブは個人事業主・士業・コンサルタント起業をご希望の方へマーケティングや経営戦略・スタートアップに関する情報提供や相談ができる会員制度です。
レイマッククラブご入会 https://raymac.jp/club/

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

2021/03/23

世界平和のために行動できるか?

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

今回のテーマは【世界平和のために行動できるか?】です。

 

 

 

 

 

◆持続可能な開発目標

 

 

SDGs(エスディージーズ)という言葉をよく聞くようになりました。「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。

 

 

 

SDGsは「17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」で構成されています。例えば、1.貧困をなくそう、2.飢餓をゼロに、3.すべての人に健康と福祉を・・・というような目標が17個定められています。

 

 

 

端的に言うと、政府や企業は、自分たちの利益を追求するだけでなく、地球規模で世の中の幸福を考えて行動せよ、ということを言っているわけです。

 

 

 

◆食料を捨てる国

 

 

例えば、上記の「飢餓をゼロに」という目標に反対する人はいないと思いますが、僕たちの国ではとんでもない量の食糧が廃棄されている事実があります。日本国内に飢餓はないと思いますが、他の国ではそれが起きている。にもかかわらず、日本では食料を大量廃棄している・・・。最近では恵方巻の廃棄の話とかホントひどい。

 

 

 

グローバルに見ればかなりヤバい国ですね。

 

 

 

そういうところを、国として、また企業として、個人として、見直して、ちゃんと取り組んでいこうよ、というのがSDGsの目指すところなのです。

 

 

 

◆捨てないパン屋

 

 

広島県にある「ドリアン」というパン屋さんは、「捨てないパン屋」さんとして認知され、お客様から、そして社会から評価されています。このパン屋さんはある時まで、豊富なバリエーションのパンを揃え、お客様の幅広いニーズに応えようとしていたそうです。

 

 

 

しかし、長時間をかけてパンを作っても売れ行きにバラつきがあり、パンが売れ残ってしまう。まだ食べられるのに、食中毒を恐れて捨てざるを得ない。そんな日々に店主は悶々としていたそうです。そしてある時から、パンの種類を4種類にぐっと絞り、本当に売れるパンだけを売れるだけ作るような体制に変えたそうです。これによって長時間労働を無くし、パンを捨てないで済むようになったとか。

 

 

 

捨てない、働かないパン屋の誕生。味はもちろん美味しい。加えて、この「SDGs」な姿勢が広く共感を集めているのです。

 

 

 

◆自分レベルの視点で

 

 

自分レベルではいかがでしょうか。

 

 

 

僕たちは、例えばSDGsが唱えるような、グローバルな幸福を実現する社会づくりを意識しているでしょうか。

 

 

 

事業として、会社として、個人として、世界的な幸福の実現に貢献しているか?

 

 

うーむ。

 

 

利益を出すことは確かに重要だけれども、利益だけを追求している人(会社)は醜い。カッコ良かったベンチャー企業が、成長して事業規模が大きくなるにつれ、租税回避地などを使って税金逃れをしている姿は、ウンザリするほどカッコ悪い。

 

 

 

自分のことだけを考えている人は子供。他人のことも考えられる人は大人。

 

 

 

SDGsなカッコイイ大人になりたいですね。

 

 

 

目指せ世界平和。

 

 

 

僕も頑張ります。ぜひ、あなたも。

 

 

 

応援しています。

2021/03/01

あなたの「本気」が見えたとき

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

今回のテーマは【あなたの「本気」が見えたとき】です。

 

 

 

◆無いものは買えない

 

 

 

モノやサービスを売ろうとするときに大事なことは、まずそれが「ある」ということです。どんなに良い商品でも、存在していなければ買えません。存在を示すために、「ありますよ」と見えるようにしておくということが、すごく大事です。「ない」ものは買えませんし、検討すらできません。

 

 

 

先日相談に来た起業家は、美容系の教室をやりたいそうで、それに対する思いのたけを僕にしゃべりまくるわけですが、「で、何をいくらで売るの?」と聞くと明確に答えず、別のことをまたグワーッとしゃべり始めるんです。

 

 

 

わかりました。まず、商品を見えるようにしてください。どんなものなのかが分かるように。そしてそれの特長は何か?で、いくらなのか?

 

 

 

まずこれらをしっかり考え、見えるようにしてください、とお願いしました。

 

 

 

◆物理的に見えるようにする

 

 

 

人間って見えないものに対しては、不安を感じるし、理解をしづらいものです。まさに百聞は一見に如かず、ですから。

 

 

 

新規事業や新しいプロジェクトをやるときも同じです。新しいことを始めるとき、先が見えず、最初は不安を感じます。何をどうすれば良いのかわからない。

 

 

 

だからまず「見えるもの」をつくることが、意外と大事です。例えば新規事業やプロジェクトの名前をつけたり、そしてそのロゴマークやキャラクターを作ってみたり、あるいは方向性を表すようなヴィジュアルイメージをつくってみたり。

 

 

 

こうすることで、プロジェクトがグンと前に進むことがあります。

 

 

 

物理的に見えるようにすることで、皆が目標を共有でき、行動に移しやすくなるのです。

 

 

 

◆本気か

 

 

見えるようにするときにもう一つ大事なことは、「本気が見えるようにする」、ということです。いい加減に作ったものからは、「本気」はみえません。ゆえに、そこから共感は生まれません。つまり、「見せ方」にも気を配ってほしい。できれば、そこから熱量を感じるような、「本気」が伝わるような、そんな「見える化」をして欲しい。

 

 

 

名刺を自分のプリンターで自作している人が時々いますが、残念な仕上がりになっていることは多いと感じます。そこに本気さが感じられない。だからその人に何かを依頼しようと思わない。

 

 

 

小さなことですが、そういうところで、お客さまを逃している可能性があります。

 

 

 

◆自分レベルの視点で

 

 

 

自分レベルではいかがでしょうか。

 

 

 

僕たちは、商品やサービスを分かりやすく見えるようにしているでしょうか。「説明すれば分かってもらえる」、では遅いんです。

 

 

 

見た瞬間に「分かる」ような商品。そしてその商品を磨き上げているか。本気が伝わるくらいに。

 

 

 

京セラ名誉会長の稲森和夫氏は、精魂込めて商品を作れという意味を込めて、「触れたら手が切れてしまいそうな商品に仕上げなさい」という表現をしました。

 

 

 

手が切れてしまうくらい、ピッカピカでキッレキレの商品。

 

 

 

そういうものじゃなきゃ、売れないよ、と。

 

 

 

第一原則、見えるようにすること第二原則、キッレキレに磨き上げること

 

 

 

僕も日々努力します。ぜひあなたも。

 

 

 

応援しています。

 

 

 

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第721号2019/2/8を一部修正)※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

 

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

2021/02/19

値上げを決断する時

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

今回のテーマは【値上げを決断する時】です。

 

 

 

◆安く売り過ぎる

 

 

価格のつけ方は難しい。特にスタートアップの時、僕たちはどうしても安い価格をつけがちです。それは自信のなさの表れでもあるし、儲けすぎることへの罪悪感からかもしれません。

 

 

 

しかし、安く売りすぎて、忙しいけど豊かにならないビジネスを続けることは不可能です。利益を出し、豊かになり、税金をしっかり納めることが、僕たちの義務でもあります。

 

 

 

そして、適切な利益を得ることは事業継続のためにもとても重要なことです。

 

 

◆価格は二の次?

 

 

新しく事業をスタートさせたとき、最も嬉しいのは、「自分の商品・サービスを買いたいと言ってくれるお客様がいるのだ」という事実を知ったときです。

 

 

 

「え?ほんとに買ってくれるんですか?」と聞いちゃうぐらい嬉しい。

 

 

 

お客様がいることが嬉しすぎると、価格のことを二の次にしがちです。自分の商品を買ってくれる人、それはヨチヨチ歩きの自分たちを助けてくれる人、イコール、「いい人」。

 

 

 

そんな「いい人」から高いお金はもらえない。少しでも安く売りたい・・・。

 

 

 

このスパイラルから、安くしすぎて儲からないビジネスにはまり込んでしまう・・・。

 

 

 

◆値上げ

 

 

しかし、僕たちを助けてくれた感謝すべきお客様に安売りしすぎて、自分たちが儲からず、イライラモヤモヤしながら仕事をすることは良くありません。ましてやそれが理由で事業がストップしてしまったら、困るのは今まで買ってくれたお客様です。

 

 

 

「なじみの客」に縛られて、次のステップに進めない人は多い。

 

 

 

だから値上げを。事業が継続するための利益を確保するために。

 

 

 

価格以上の付加価値を提供することと、そして常にコストダウンの努力をすることは大前提。それでも利益が出ないのであれば、値上げをすること。

 

 

 

僕も、レイマッククラブの月会費を、2倍以上に値上げしたことがあります。「これでお客様がいなくなったらもうやめよう」という意気込みで実施したら、会員は減るどころか増えました。

 

 

 

値上げするとき、猶予期間をしっかり取り、値上げ理由を真摯に説明することを忘れずに。お客様はきっと分かってくれるはずです。

 

 

 

◆自分レベルの視点で

 

 

自分レベルではいかがでしょうか。

 

 

 

僕たちは、安売りしすぎて、自分で自分の首をしめていないだろうか。

 

 

 

商品やサービスを売るためには、原材料費だけじゃなく、自分の人件費、お客様と出会うための費用、商品をリニューアルするための費用、設備を更新する費用、など、いろんなお金がかかります。それらを払い続けられないと、事業を続けたくても続けられなくなります。

 

 

 

企業にとって重要なことは、継続し、お客様や社会に長期に渡って貢献すること。

 

 

 

せっかくの良いことも、続けられなかったら意味がない。

 

 

 

だからお客様を喜ばせると同時に、自分も適正な利益を得る必要がある。お客様も、あなたが干からびることを望んではいないはず。

 

 

 

いくらで売るべきか。

 

 

 

必要な値上げを躊躇しないで。

 

 

 

応援しています。

 

 

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第719号2019/1/25を一部修正)※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

 

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

2021/02/13

今年の運勢は凶

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

今回のテーマは【今年の運勢は凶】です。

 

 

 

◆出ましたー!

 

 

先日、妻と小2の息子と3人で、遅ればせながら初詣にいきました。行先は名古屋の大須観音。

 

 

 

大須観音は、噂によると「凶」が出やすいと言われている観音様。そんな話をしながらお参りし、帰りにおみくじを引きました。

 

 

 

僕が「吉」を引き、そして息子。

 

 

出ました。「凶」。

 

 

 

◆ポジティブな小2

 

 

息子は複雑な顔をしていましたが、すぐにこう言いました。

 

 

 

凶は一番下だから、あとは上がるしかない。だから逆にいいんだよ、と。

 

 

 

おお。どこで教えられたのか、なかなかポジティブな切り替え。いつからそんなに前向きになったのか?

 

 

 

そして、僕に向かって、「吉はまだまだ下に下がる可能性あるよね」と嫌味なことも。

 

 

ま、男同士のライバル心ってやつですね(笑)。

 

 

◆ヒロミさんの小休止

 

 

物事をネガティブに捉えるか、ポジティブに捉えるかは自分次第。

 

 

 

タレントのヒロミ氏がサイバーエージェントの藤田氏と共著した「小休止のすすめ」という本を以前、読みました。

 

 

 

ヒロミ氏は、タレント活動を10年間休業し、その後復活し、最近はよくテレビで見るようになりました。

 

 

 

ヒロミ氏はこの10年間を、「仕事が無くなってテレビに出られなくなった期間」ではなく、「自分を取り戻し次へ進むためにリセットする重要な期間」だったと捉え、この期間があったからこそ、今、より良い状態で、前よりもイキイキと仕事が出来ているのだ、と振り返ります。

 

 

 

事実は一つでも。解釈は無数にある。

 

 

 

ネガティブに捉えて暗くなるか、ポジティブに捉えて元気になるか。すべては自分次第なんだ、と説くのです。

 

 

 

◆自分レベルの視点で

 

 

自分レベルではいかがでしょうか。

 

 

あなたはポジティブ派ですか?それともネガティブ派ですか?

 

 

 

世の中ではポジティブであることを良しとする強烈な風潮がありますが、ネガティブだからこそ慎重になり、より良い決断ができるという面もあります。どちらも一長一短があり、どちらが良いかどうかは一概に言えるものではありません。

 

 

 

しかし、ネガティブ過ぎて、ありもしないことをクヨクヨウジウジと悩むくらいならば、ポジティブに切り替えていったほうが、より気持ちよく暮らせるということはあるでしょう。

 

 

 

僕もどちらかというと(というよりゴリゴリの)ネガティブ派ですが、あまりネガティブ過ぎると友達がいなくなるし、自分自身も生きづらいので、つとめてポジティブでいるように切り替えています。

 

 

 

なかなか結果が出なくて気分が晴れず、ネガティブになりそうな時も、「この苦しみの期間はいつか貴重なネタになる」と切りかえて、悩み過ぎないようにしています。

 

 

 

事実、そういう期間でも腐らずにコツコツとやっていると、必ず自分の「順番」がめぐってきて、成果が得られます。

 

 

 

これは自分自身の経験でもそうだし、顧客や僕の周りの人を観察していてもそうです。

 

 

 

ネガティブかつ慎重になりつつも、ポジティブに切り替えて頑張っていると、必ず目的地へとたどり着く。

 

 

 

ずっとネガティブのままでいると、沈みっぱなしで沈没する。

 

 

 

沈む前に切り替える。小2の息子に教えられました。

 

 

 

まだまだ勉強ですね。

 

 

 

応援しています。

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第717号2019/1/11を一部修正)※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

 

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

2021/02/06

先生、ミラクルが起きました!~一週間の振り返り

 

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

 

 

2月に入り、節分が過ぎ、新たな年がいよいよ本格的に始まっています。コロナがやや収まりつつありますが、まだまだ油断はできません。特に我が家では受験生(中3)がいるので、より節度ある行動が求められています。

 

 

 

さて、振り返るとこの一週間もいろいろありました。

 

 

 

月曜日は公的仕事。4件ほどの事業者さんからの相談に対応しました。初めて会う事業者さんも何人かいて、初対面の数分で状況を把握し、課題を共有し、できうる最善のアドバイスをします。というより、一緒に作戦会議をする感じ。印象的だったのは、現業と全く関連のない新規事業を始めたいという事業者さん。最初は大丈夫かな~と思いましたが、強力なパートナー企業との連携がしっかりとできており、かつ、自社の資産である既存顧客とのつながりを活用するビジネスプランで、うまくいきそうな予感。現に少しずつ成果は出始めているそうです。

 

 

 

パートナー企業のノウハウを使って新規事業をする場合、そのパートナーとの関係が無くなると一気に事業の継続が困難になる恐れがあります。当然、当人もそのことは認識しており、良い関係で連携できているうちにノウハウを蓄積していくことを重要課題としています。あと、僕がこの会社の成功をなんとなく予感したのは、相談に来た経営者さんの人柄がよく、仕事に対する姿勢がリスペクト出来ること。これがあるからこそ、パートナー企業との連携もうまくいっているのだと思います(事実、そうらしい)。どれだけデジタルな世の中になっても、結局、事業の成功に対して人間的な要素が占める割合は相変わらず大きいのだと感じます。

 

 

 

もう一人印象的だったのが若いサラリーマン。前回相談しに来て、僕とのディスカッションでブラッシュアップした企画案を上司に提案したら通りました、との報告。それで4月から東京に転勤してその企画を実行することになったのだ、と。こちらも興奮(笑)。それで、実行するにあたってのステップについてさらにディスカッションし、やるべきことのリスト化と段取りを決めました。どうなるかは彼次第ですが、楽しみです。若いっていいな~(笑)としみじみ。

 

 

 

火曜日はレイマッククラブ(RC)の東京の会員さんとZoomミーティング。前月の振り返りと今月の実行リストの確認。仕事は順調そうで何よりでした。引き続きサポートしていきます。

 

 

 

その後、関西地区のコンサル先企業とZoomミーティング。今取り組んでいるプロジェクトの進捗についてディスカッションしました。こちらのコンサル先とは月に一度のミーティングですが、いい感じで実行を後押しできています。コロナ禍ですが業績も好調で、社長以下スタッフさんの頑張りが際立ちます。

 

 

 

夕方からはコンサル先である印刷会社で営業パーソンの研修。今回は第2クールの4回目で、各チームにより新規顧客開拓のプランをプレゼンテーションしてもらいました。今まで学んできた内容をべースにして、会社の強みや自分の強みをどのように顧客ニーズを満たす方向で組み立てられるかがポイントでした。顧客の課題やニーズの特定がしっかりしていると、企画の内容も締まります。各チーム、格闘の痕跡が見えて、素晴らしいプレゼンでした。後は実行あるのみです。

 

 

 

水曜日は午前中に内勤仕事をした後、お昼からレイマッククラブ(RC)の会員さんとZoomミーティング。今取り掛かろうとしている案件についてディスカッション。良い話し合いができたと思います。夕方からは某大手企業から問い合わせがあり、訪問。来年度から予定されている次期経営人材育成に関するプロジェクトについて。どうなるかわかりませんが、お役に立てそうならば頑張ります。

 

 

 

木曜日は公的仕事で4件の相談業務。数年前から相談に乗っている事業者さんから「豊田先生、ミラクルが起きました!」と連絡があり、ミーティング。以前から実行していたプロモーション施策にある試みを加えて実行したところ、問い合わせが急増。一気に4件の顧客を獲得したのだとか。結果が出てめちゃくちゃ嬉しいですが、その勢いのまま、更なる事業プランも構想。ますます今後の展開が楽しみになってきました。やはり、動いていると、誰かがどこかで見ていてくれて、ある日、何かのきっかけでガーっと動き出す瞬間があります。その体験を共有させて頂きました。ありがとうございます。

 

 

 

金曜日は朝から車関係のコンサル先へ。こういう世の中の情勢にもかかわらず、業績は好調。今後の経営戦略についてディスカッション。やるべきことを整理しました。

 

 

 

午後はイーヤスの遠藤社長に久しぶりにお会いし、インタビュー。イーヤスさんは企業向け出張リラクゼーションサービスをを提供している会社なんですが、コロナで企業がリモートワーク化を進めたことにより仕事のやり方に制限がかかります。今なお収束が見えない中、新規事業を構想中とのことでした。収束後は以前よりも更にパワーアップしたイーヤスさんが見られそうで楽しみです。インタビュー記事は今月末に発行するレイマックプレスに掲載する予定です。

 

 

 

そんな感じの一週間でした。来週もよろしくお願いします。

 

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

2021/01/14

あいつ、大企業辞めるってよ

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

今回のテーマは【あいつ、大企業辞めるってよ】です。

 

 

 

 

◆脱サラ起業

 

 

 

先日、日本を代表する超一流企業の社員さんに会い、起業の相談に乗りました。つまり、脱サラ起業の相談。

 

 

 

聞いた人の多くが「もったいない」と言うであろう、正真正銘の大企業、その会社を辞めて起業したいというアラサーさんとの真剣ミーティングでした。

 

 

 

結婚もしている。子供はいない。起業について奥さんは承諾しているとい言います。(嫁ブロックはない)

 

 

 

 

本人の能力は高そうだし、起業するビジネスの内容は面白い。性格も素直でコミュニケーション力も問題ない。

 

 

 

ただリサーチが不足しているためか「独りよがり感」が強く、ビジネスモデル自体はもっと磨く必要があると感じました。そのあたりを指摘し、これからの行動内容をリストアップし、再度会う約束をして別れました。

 

 

 

◆もったいない

 

 

知り合いの先輩起業家にこの話をすると、「もったいないねえ」と言いました。

 

 

 

ふむ。起業家として実績のあるその人から見てもそう思うのか。あるいは、起業人生が長くなってきた先輩だからこそ、大企業のサラリーマンでいることの安定感がどれだけありがたいかが骨身に染みてわかるのか。

 

 

 

人生いろいろだし、今ついている職業や、今直面している状況によっても感想は異なるでしょう。幸せのカタチも人それぞれですし。

 

 

 

でもやっぱり、大方の意見は、「もったいない」となるみたいです。

 

 

 

◆起業の条件

 

 

でも、相談に来た本人にしてみると、せっかくやりたいことが見つかったのに、このままこのつまらない会社(本人談)で時間を浪費していくことのほうが、「100倍もったいない」。

 

 

 

超一流企業にいるという地位や名誉、あるいは安定した収入よりも、時間や「命」を優先したい、ということなのだと思います。

 

 

 

客観的に見たら、「なんで人も羨むキラキラの大企業を辞めちゃうの?」となるけれど、内部の実情を知り自分の会社内での将来像をリアルに想像できる本人からすると、「ここを辞めることなんて小さいこと」と結論付けたことも理解できます。

 

 

 

分かるので、僕は「もったいない」という言葉は一切発せず、「やりたいならやればいいと思います。その気持ちにフタをして残りの人生を過ごすことほど酷なことはないですから」と考え、

 

 

 

「でも現実は厳しい。事業化に失敗すればお金は無くなり、生活は窮す。だから、事前調査をしっかりやり、関係者にヒアリングし、顧客の声を聞き、ビジネスモデルをピカピカに磨き上げることが重要。会社を辞めるのも、お金を借りるのもその後でいい。それができないなら起業はしない方がいい」

 

 

と言って送り出しました。

 

 

 

◆自分レベルの視点で

 

 

自分レベルではいかがでしょうか。

 

 

 

 

何を「もったいない」と感じるかどうかは、自分の価値観次第。

 

 

 

地位や名誉を重視するか、あるいは安定した生活、十分な収入を重視するのか。

 

 

 

それとも時間か。

 

 

 

いや、全部だよ。

 

 

 

そう、全部ほしい。誰しも「総取り」したいに決まっています。

 

 

 

しかし、何かを得るためにはまず何かをあきらめなければならない、ということはこの世の原則(ナポレオン・ヒルも言っていた)。つまり、優先順位をつけるということ。最初からすべてを手に入れることはできない。

 

 

 

 

自分の人生の時間を充実させ、限りある命を燃やし尽くしたいため、地位と名誉と安定収入を犠牲に差し出すという決断をした大企業の彼。

 

 

 

ぜひ頑張ってほしい。その先に「総取り」が待っている。

 

 

 

急がば回れ。

 

 

 

応援しています。

 

 

 

(無料メルマガ『愛される会社の法則』第717号2019/1/11を一部修正)※メルマガの登録はこちらから。(無料)

 

 

 

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

2020/12/26

インスタで来客激増したお店とか、顧問先のコンサルとか。(一週間の振り返り)

愛知県名古屋市で中小企業の業績アップを親身に支援する経営コンサルティング事務所、レイマックの豊田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の振り返り。

 

 

 

月曜日は朝から公的なお仕事。中小企業経営者の相談業務が朝から夕までギッシリ。豊田、がんばりました。相談業務って僕の場合、基本「聞く8割」「話す2割」という感じですが、この「聞く」という仕事がすごく重要であり、かつ実はすごくエネルギーを消費します。

 

 

 

 

仕事って、その本人が四六時中朝から晩まで頑張ってやっていて、本人が細かいところまで工夫しながらやっていて、外部の者が気軽にあーだこーだ言えるもんじゃありません。でもそもそもアドバイスするのが仕事なので、僭越ながら、させてもらっています。生意気にもアドバイスするためには、まずしっかり聞いて、正確にその経営者や起業家が伝えようとしていることを理解しなければなりません。加えて、その人の性格とか、今の心境とか、自分との相性とか、そういう非言語的情報を全身で感じ取らないと、真に有用なアドバイスなんてできないんですよね。だから、すごくカロリーを使うんです。

 

 

 

僕はお客様からよく、「豊田さんは、聞くことが上手ですね」「豊田さんは話しやすいからついついたくさん話してしまう」と言われます。事実、話すよりも聞く方が自分でも得意だと思います。でも最近思うのですが、聞くことって実はパワーがいる。はた目には、聞いてるだけだから、話すよりも楽そうに思えるのですが、そうではない。むしろ聞くことの方が、何倍も脳みそを使うような気がします。聞いているとき僕たちは、相手が発する言葉の表面的な意味だけじゃなく、その奥にある本当の気持ちを想像したり、その背景に起こっているだろう事象を想像したり、この後にどういう質問をするとより議論が深まるだろうかなどを考えたりしているので、脳みそはフル回転しています。黙っているけど、頭の中は、いろいろ忙しいんです。

 

 

 

一方で、自分が話しているときって、話す内容のことに脳は集中しているので、それほどあれこれ考えているわけではなく、カロリーもそれほど消費していないような感覚があります。つまり、聞くことって、体力いるんです、と。話すより全然聞く方が大変だと思います。(だから「聞ける人」は重宝されるのです)。1日4人とかの相談に乗っていると、もう終わった時はぐったりしています。

 

 

 

その日はそれで終わらず、旧知の社長から電話があり、夜から緊急ミーティング。3時間半くらい、経営会議に参加し、かなり濃いめの議論を交わしました。とりあえすの方向性は決まったので、次回、その方向に向かうかどうかの最終意思決定を行う予定です。

 

 

 

 

火曜日は午前中は東京のクライアントとZOOMミーティング。来年からの販売戦略について打ち合わせました。午後からは事務所内で資料作り。翌日、翌々日のコンサル先とのミーティングに使う資料の作成とチェック。

 

 

 

 

水曜日午前中は関西のコンサル先である印刷会社と定例ZOOMミーティング。こちらの顧問先、今季はここまでコロナで厳しい中確実に利益を確保。今回は主に組織戦略についてミーティング。やるべことを整理し、次回までに実施してもらえるように背中を押す。応援してます。

 

 

 

 

午後からはコンサル先であるデザイン会社の経営者と経営メンバーとでZOOM定例ミーティング。会社としてどういうポジショニングを取り、競争優位を築いていくかについてディスカッション。かなり良い議論ができました。

 

 

 

 

夕方からはコンサル先である名古屋の印刷会社の幹部とこれまたZOOMミーティング。この日はZOOM祭り(笑)。次回の営業部員研修についての軽い打ち合わせ。このお客様はいつもすごく僕のことを褒めくれて、ありがたい限りなんですが、褒められすぎて照れます。「ああ、ほんと、あのとき、豊田さんに連絡してよかった~」と、いつも言ってくださるんです。メルマガもいつも読んでくれていて、社内回覧したり、必要な部分はプリントアウトして手帳に貼り付け、外出先でも見返してくれているそうです。身に余る思いです。ありがとうございます。

 

 

 

木曜日は朝からコンサル先である福祉系企業で幹部ミーティング。経営計画の進捗確認と、リーダーシップ、マネジメント、マーケティングなど、経営戦略に関わることについて話し合いました。今期も業績好調とのことで、嬉しい限りです。来月もよろしくお願いします。

 

 

 

午後からは公的仕事。伝統工芸、高級飲食店、組織コンサルティングの事業者さんの相談に乗りました。うち2件はzoomで。高級飲食店は、インスタグラムの活用を強化した結果、コロナ禍にも拘わらず予約がパンパンと絶好調。お客さんが来すぎて、注文から料理の提供までに時間がかかってしまい、お客様にご迷惑をお掛けしているとか。そこは、店舗のブランドを維持するために、予約をセーブし、余裕のある接客ができるようにするべき、というアドバイスをして、実践してもらっています。嬉しい悲鳴とはこのことですね。

 

 

 

木曜日も午前だけ公的仕事。昼からは岐阜に移動、コンサル先である住宅設備系企業のを訪問し定例ミーティング。今期はここまで業績好調。昨年度の勢いそのままでいい感じ。好業績の要因は、社長と社長の奥様で、小さなことをひとつずつ丁寧に積み重ねてきたこと。それが蓄積すると、大きなパワーを生み出すというお手本。決して派手なことではなく、地味~なことを愚直にやれるかどうかで、業績に差が出てきます。

 

 

 

最後にメールで別のコンサル先の社長から連絡が。宿題として出していた経営計画の内容について、「もうちょっと待って!」という連絡でした(笑)。

 

 

 

 

今年もあと少し。ガンバロー。

 

 

 

 

★売るため7(ウルタメセブン)冊子版(123頁)発売中!

ご購入はこちらから

 

※無料のダウンロード版もあります。ダウンロード版はこちらからどうぞ。

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズ公式ショップ

最近のブログentries

月別アーカイブarchives

コンサルプランconsulting plan

情報発信information