名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2010/08/02

行列のできるたこ焼き屋

近所に行列のできるたこ焼き屋さんがあるんです。

先日、意を決して並んでみました。

こんな感じで、僕の前に7~8人います。

10-06-20_001

たこ焼きを焼く人は3人いてじゃんじゃん焼いているので、すぐに買えるだろうと思っていたのですが、これがなかなか進まない。

何でかな~?と思って観察していると、一人当たりたくさん買っていくんですよ。

50個とか。60個とか。

せっかく焼いても一気に買われていくのです。

それにしても進まんな~と思って、さらに注意深く観察していると、時々横から入ってきて買っていく人がいます。なんだ、アレ。

その人たち、予約客なんです。

あと3人で僕の番だぞ~と思って待っていると、横から「予約した○○です」と入ってきて、80個くらいガバーっと買っていくのです(どんだけ食うねん)。焼いても焼いてもたちまち売れていくんです。

予約しているからしょうがないのか、と思いつつ、30~40分並んでいる目の前で横から予約客が買っていくのを見るのは、正直ツライものがあります。

並ぶのが嫌なら、予約しなさいよ、ということなのかもしれませんが、暑い中並んでいる客をもっと大事にしてくれ~という気持ちもあります。

行列が出来るほどの繁盛店は、予約を受け付けないという方針の店もあります。並んで待っている人の気持ちに配慮しているのだろうと思います。僕が良く行くウナギの名店は、絶対に予約不可です。だからみんなお行儀良く並んで待っています。

その一方で、未来の売上を確実に確保するために、予約はどんどん取るべきだ!という意見もあります。

みなさんはどう思います?

ちなみに消費者としての豊田は、

①この店ではもう2度と並ばない
②かといって予約もしない。だって並んでいる人たちの横から買っていくのは、気が引けます。

という感想を持ちました。

ちなみに味は、◎でした。

●豊田のひとりごと
幼稚園児の息子が夏休みで毎日家にいて質問攻撃されるので、妻は少々お疲れ気味です。

●愛される会社になるための経営ネタ、ビジネスモデルネタ、マーケティングネタを提供するメルマガ
『愛される会社の法則」 も合わせてお読み下さい。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー