名古屋の経営コンサルタント レイマック

豊田礼人ブログ「シンプルなことの繰り返し」

2012/04/03

ミュゼの斎藤さんにインタビュー

昨日は、愛される会社プロジェクト

会報誌「レイマックプレス

」のインタビューで、株式会社ミュゼ

の代表である斎藤直美さんに会いました。

斎藤さんは、社員研修の講師として、ビジネス本の著者として、活躍されています。

特に、「叱る」ことについては第一人者。叱りの女王との異名をとるほど、部下育成において「正しく叱る」ことの重要性を説いていらっしゃいます。

確かに叱ることって難しい。相手のモチベーションを下げずに、正しく叱り、成長してもらう・・。このテーマで悩んでいる人ってすごく多いのではないか、と思います。

豊田礼人の正しく愛される経営術

叱りの女王と呼ばれる斎藤さんですが、実際の斎藤さんは、とても優しい人。子供の頃のことや起業の経緯、今後のことなど、丁寧にお話してくれました。

斎藤さんとはかれこれ4年位前から知り合いなのですが、こんなにじっくりとお話したのは初めて。

お話の中で印象的だったのは、成長するためには、今持っている何かを捨てなければならないということ。

空白を意識的に作ることで、新しい何かがそこに入ってくる、ということですよね。

これには同意します。

同じことを漫然とやっていると、澱(よど)む。

継続するべきか、それともあえて捨てて、新しいことをやるのか。

常に点検しながら進むことが大切ですね。

斎藤さんの詳しいインタビューは今月発行のレイマックプレス第44号でお届けします。

お楽しみに。

最近のブログentries

コンサルプランconsulting plan

情報発信information


毎月発行
Raymac press 最新号

【経営者インタビュー】

ピュアスクール代表

びびあんさん

【経営コラム】

「ひと手間」が客の事前期待を超える

【書籍紹介】

『誰もが人を動かせる』森岡毅 著    

>> Raymac pressバックナンバー